ガンタン

全て 名詞
26 の例文 (0.00 秒)
  • おまえがガンタン・グルのからだを持っていたことを忘れていたよ。 ...
  • あたりはほとんど暗くなり、わたしはガンタン・グルが来る望みを捨ててしまった。 ...
  • もとのガンタン・グルは、なんという悪名をとどろかせていたことか! ...
  • ガンタン・グルはわたくしのあとを追ってきたのよ。 ...
  • それはガンタン・グルのファーストネームの音節を置き換えたものだ。 ...
  • もちろんガンタン・グルはモーターが始動し出すと、ほとんど同時に意識を失ってしまった。 ...
  • ガンタン・グルを黙らせておける奴などいないわ。 ...
  • しかしガンタン・グルの来る気配はなかった。 ...
  • そこでジャル・ハドは父を殺して、わたくしを誘拐しようと、ガンタン・グルを雇ったのよ。 ...
  • 「研究室で、すばらしいからだがきみを待ってると思うよ」 それから、ガンタン・グルのことを三人に説明した。 ...
  • するとある日、人ごみの中に、ガンタン・グルを認めた。 ...
  • もちろんガンタン・グルが彼女を殺さないという確信はあったが、もしヴァヌマがジャナイを殺そうと決意していれば、なにか別な方法を考え出すだろう。 ...
  • ガンタン・グルは厳重に縛られ、きびしく監視されていた。 ...
  • ガンタン・グルはかたく縛られてはいたが、ラス・サヴァスが彼のからだに二つの切口、一つは大静脈に、一つは動脈につけている間、彼をじっとさせておくには、ジョン・カーターとわたしの二人で押えつけておく必要があった。 ...
  • 事実、彼女は最近、とらわれの身からもどって来たアムホールの殺し屋ガンタン・グルを、数回招いているよ。 ...
  • 「おれはガンタン・グル、アムホールの殺し屋だ」 その捕虜は大声でどなった。
  • その瞬間、わたしはアムホールの殺し屋ガンタン・グルと、国王ジェドが宣告した刑罰を思い出した。 ...
  • 次へ