ガンタイ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 右の目に銀の眼帯を当てた男のことは、全員が知っていたからである。 ...
  • この男の顔のなかでなんといってもいちばん印象的なのはあの片眼帯がんたいである。 ...
  • 母親は眼帯をして松葉杖の内田が帰ってきたのを見ると、びっくりした。 ...
  • 眼帯の少女が語った通り、人と神とでは根本的なスペックが違い過ぎる。 ...
  • だから僕はあのシリーズで、江田役を演じた時に眼帯して出たんです。 ...
  • それは、眼帯の蔭にある雄々しい魂を誰もが認めているということだった。 ...
  • 眼帯などは、義眼を使っていなくても美容上問題のある場合にも使われる。 ...
  • 眼球は眼帯に覆われていて、何も見ることができなかったのだから。 ...
  • 少女を肩に乗せた眼帯の男に通りかかった人たちの視線が集まる。 ...
  • 主人公であるガンタイは、少し男性的な視点を持った少女として設定された。 ...
  • いつきの眼帯しでも、さきほどの黒鳩シャックスとは比較ひかくにならぬ呪力が見てとれた。 ...
  • 少しばかり大きくなってしまった鱗を隠すためか、眼帯を身につけている。 ...
  • 少女を連れた眼帯の男は確かに珍しい存在だろうが、それにしても早すぎる。 ...
  • 何故眼帯をしているのか、その下の瞳はどうなっているのか、謎。 ...
  • 眼帯に隠れていないほうの目が険しい光を放っているのがケアルにも見てとれた。
  • ノーメイクの火投の左目には、黒い眼帯がななめにつけられていたのだ。 ...
  • そして、銀色の眼帯のコンラッドは嘘をつかない男だし、偉大な戦士だ。 ...