ガンシ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その場所が現在のガンシティの中あるいは近くとされている。 ...
  • カラマツはこれと比べてがんしゅ病への抵抗力が高いとされる。 ...
  • 根頭がんしゅ病、根瘤線虫病は根や根の付け根辺りで瘤が発生する病気である。 ...
  • 幼虫が材を食べる害以外に、この虫の侵入口ががんしゅ病の誘因となることもある。 ...
  • 「どがんしただ」 市作は息子の足にかがみこんだ。 ...
  • 「孫之丞、おぬしか」 「とんでもがんしね」 孫之丞はあわてたように手を振った。 ...
  • 「で、どがんしたんだいね」 恒太がうずうずしたように聞いた。 ...
  • 鉄道建設のために、悪名高い「ガンシティ虐殺」が起こった。 ...
  • 松田優作さんのガン死から、ガンの告知問題がマスメディアでも改めて論議を呼ぶ。
  • いまでこそ、日本人の死因のトップはガン死だが、当時は「亡国病」といわれるほど、結核の死亡率が第一位を占めていた。 ...
  • 土壌が舗装や人間により踏み固められていると根頭がんしゅ病やネコブセンチュウ病を誘発し、これらの病気は土壌を汚染する。 ...
  • そんな中、1995年3月、肝臓がんにより壮絶なガン死を遂げた。 ...
  • 桜が多く罹る病気としては根頭がんしゅ病、根瘤線虫病、てんぐ巣病、膏薬病、うどんこ病などがある。 ...
  • この詩のうち、最後の二行は顔師古《がんし こ 》著「隋遺録《ずいい ろく》」にもとづいているといわれる。 ...
  • その中にあって長谷川一夫の引退、上記の山本・田宮の解雇、勝新太郎の独立、養女の永田雅子と結婚させていわば娘婿の関係にあった市川雷蔵のガン死、大型新人スター不在といった問題が重く伸し掛かり、ついに1971年12月23日に東京地方裁判所より破産宣告を受け、倒産。 ...
  • thumb|right|180px|地形図 別名に巌鷲山があるが、本来「いわわしやま」と呼ばれていたものが「岩手」の音読み「がんしゅ」と似ていることから、転訛したものだとも言われる。 ...
  • 逸見政孝さん壮絶ガン死!