ガダルカナル奪回

24 の用例 (0.00 秒)
  • しかしこの防衛線は、ガダルカナル奪回失敗を教訓としているとはいえなかった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • だが統帥部の作戦は、第一次分十七万五千トンを確保してもガダルカナル奪回作戦には足りそうもない。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • 二見参謀長は、十二日までの時点ではガダルカナル奪回を安易と考えていなかった。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 連絡会議のあと、東條はガダルカナル奪回が容易でないことを知り焦りはじめた。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • ガダルカナル奪回も、東條が考えているほど甘い情勢のなかにあったのではない。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • いっぽう統帥部も、いつまでもガダルカナル奪回に固執しているわけにはいかなかった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • ガダルカナル奪回作戦の成功によって戦争勝敗の帰趨が逆転したであろうなどと言うつもりは微塵もない。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • ところがこの立場は、〈ガダルカナル奪回作戦はあらゆる条件に優先する〉という統帥部と対立した。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • これより先、八月二十九日の上奏で第二師団の第十七軍への配属が発令されていたが、この時点では、先に述べたように、第二師団の増加はガダルカナル奪回に充当するというよりも、ポートモレスビー作戦を目的としていたのである。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 民需用船舶を軍需用に回さず、ガダルカナル奪回にこだわるべきではない。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • これまでは小部隊をだしての偵察戦だったので、アメリカ軍に全滅を喫したが、本格的に正攻法でいどめば、ガダルカナル奪回は容易であるという認識を根拠にしていた。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • それが失敗したとあっては、兵力輸送の方法がなくなり、ガダルカナル奪回作戦は成り立たない。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 大本営では、ガダルカナル奪回のために兵力の増強を行なわなければならず、莫大な軍需品輸送も含めると、約七〇万トンの船腹が必要となってきた。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • デマ解消の海軍の戦果とは、この会議の三日前にはじまった第三次ソロモン海戦、ガダルカナル奪回のことを指している。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • ガダルカナル奪回を目標に米豪連合軍と激戦を繰り広げたが叶わず、その後もラバウルを根拠地として連日の航空戦を展開した。
  • 右の評価も事実と較べれば過少であるが、十七軍司令部が右の推定に基づく敵兵力に対して、川口支隊の兵力では、ガダルカナル奪回には不十分ではないか、という疑念を抱くようになったことは、とかく敵を軽視しがちな日本軍として珍重すべきことであった。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 全力をあげれば、ガダルカナル奪回は容易であるとして、ミッドウェー占領を予期してトラック島に待機したままの一木支隊九百名に作戦命令が下された。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • ガダルカナル奪回のための増援補給にとって最も警戒を要するのは、ガダルカナル飛行場に在る米軍現有機数だが、日本軍は八月三十一日のそれを、二三機、補充予想を約三〇機と見積っていた。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 川口少将がラバウルでガダルカナル奪回に関する第十七軍命令を受領したのは、八月十九日、一木第一梯団がガダルカナルに上陸した次の日である。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 余談になるが、このときから三年三カ月後、ガダルカナルで、八月の一木支隊、九月の川口支隊の攻撃失敗ののち、十月、第二師団を投入してガダルカナル奪回を企図したとき、第十七軍がガダルカナルに集積しようとしたのは、兵員二万五千名の二十日分の糧秣と、〇・八会戦分の弾薬であった。 五味川純平『ノモンハン(上)』より引用
  • 次へ »