カールピー

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 研究所はラージャスターン州とウッタル・プラデーシュ州カールピーで近代的な機械を配置した。 ...
  • カールピーはに位置している。
  • ラクシュミー・バーイーは脱出したのち、カールピーで他の反乱軍指導者達と合流するが、落としどころを探っていた他の指導者達と徹底抗戦を叫ぶ彼女とでは意見が合わず、女性ということもあって孤立することになる。 ...
  • その後、10年の間にチャトラサールはパンナーを拠点に東西に領域を広げ、カールピーやサーガルなどブンデールカンドの広大な領域を支配していた。 ...
  • その後、ジャラール を力ずくで服従させようとし、1518年にはその巧みな交渉術でカールピー周辺の領土の保有を条件に、王の象徴たる傘とティンパニーを引き渡させた。 ...
  • 彼はイブラーヒーム・シャーをカールピーとカーンワーで二度にわたり破り、バヤーナーに包囲した。 ...
  • その間、ベンガルを統治していたムハンマド・ハーン・スーリーがカールピーに接近してきたため、バヤーナーを包囲していたヘームーを呼び戻したため、難を逃れた。 ...
  • 一方、イギリスはミール・ジャアファルと内通し続け、6月4日にはシラージュ・ウッダウラへの非協力、カルカッタ攻撃の賠償金支払い、カルカッタの南カールピーまでの地がイギリスのザミーンダーリーに置かれることなどを条件に彼に太守位を約束した。 ...
  • その条約では、シラージュ・ウッダウラのカルカッタ攻撃で被った損害の賠償として1000万ルピーの支払い、カルカッタの南カールピーまでの地がイギリスのザミーンダーリーに置かれ、他のザミーンダールと同様の方法でその租税を太守に納入することなどが定められた。 ...
  • カールピーに辿り着いたラクシュミーは剣術の師であるタンティヤ・トーペーと合流し、グワーリヤル城を無血開城してマラーター王国の再興を宣言する。 ...
  • だが、イブラーヒーム・シャーはヘームーによって、カールピーとカーンワーで二度にわたって破られ、バヤーナーの城へと逃げ込んた。 ...
  • 日食当日は晴れで、ニーム・カ・ターナでの皆既食の持続時間は51秒で、カールピーでは59秒だった。 ...
  • アーディル・シャーはムハンマド・ハーンをカールピーの近郊チャッパルガッタで負かし、殺害した。 ...
  • チャトラサールはこれに大変喜び、カールピー、ジャーンシー、サーガルといった自身の領域三分の一を割譲したばかりか、自身の娘マスターニーをバージー・ラーオに嫁がせた。 ...
  • それは彼の兄でジャウンプル総督バールバク、弟のラプリー総督アーラム・ハーン、カールピー総督アーザム・フマーユーンであった。 ...