カンブリア紀の地層

8 の用例 (0.00 秒)
  • 化石記録は乏しいが、中国南西部の帽天山にあるカンブリア紀の地層から発見されたとの化石は星口動物のものとされている。
  • バージェス頁岩だけでなく、中国などのカンブリア紀の地層からも類似の動物化石が見つかっている。
  • 古生代カンブリア紀の地層から化石が発見されている。
  • 主にカンブリア紀の地層から出土する化石として知られ、中国、アメリカ、カナダ、ポーランド、オーストラリアなどで発見されている。
  • また、澄江で発見されたミクロディクティオンの化石は、カンブリア紀の地層から出土していた微小硬骨格化石群のひとつの正体を特定することにつながった。
  • 実際カンブリア紀の地層からは当時としては強大な肉食動物アノマロカリスや、食物となる生物を捕獲するための長いノズルを有するオパビニアなどが見つかっている。
  • ロデリック・マーチソンとともに石炭紀とデボン紀よりも古い地層を研究し、カンブリア紀の地層を分類する方法を確立した。
  • 北ウェールズのカンブリア紀の地層と南ウェールズのシルル紀の間に新しい地質年代、オルドビス紀を置くことで、地質年代に関する長い議論に決着をつけたことで知られる。