カンナン辛苦

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • とにかく十月十日とつきとうか艱難辛苦かんなんしんくというものは並大抵のものではありません。 ...
  • わたしが経験してきた艱難辛苦かんなんしんくは、それほどまでわたしを変えてしまったのか? ...
  • どうかしてこれたすけたいとおもつて艱難辛苦かんなんしんくめてるのである。
  • こういう休息が奪われれば、私は艱難辛苦に参ってしまったことだろう。 ...
  • そして海外をめぐり、艱難辛苦をくぐって、やっと罪が許されるとした。 ...
  • そういう艱難辛苦かんなんしんくに耐えて希望する職種につくというような志向は消えている。 ...
  • わたしは、その艱難辛苦かんなんしんくを想像するだけでもう涙があふれそうになるほどである。 ...
  • 現国王は殿下と同じく、ご幼少から艱難辛苦かんなんしんくを重ねられた方でございます。 ...
  • 天においでの神々は、たくさんな艱難辛苦を私にお与えでしたので。 ...
  • この程度の艱難辛苦かんなんしんくで音を上げる私ではない。 ...
  • 北方進軍はさきの太行山脈越えなどとは比較にならぬ艱難辛苦の連続であった。 ...
  • 非常な借金をしたり艱難辛苦してやつと生活を繋いで居る。 ...
  • 心から心服していた亡君のうらみを報ずるためならだれでも艱難かんなん辛苦するだろう。
  • それよりパイ色々いろいろ艱難辛苦かんなんしんくして、無一物むいちぶつ公爺府コンエフ無事帰ぶじかへことたのである。
  • かく言うわたしも小学生の身ではありますが数々の艱難辛苦かんなんしんくを乗り込えつつの日々に身をやつしております。
  • とにかく、これだけの艱難辛苦かんなんしんくによって一等三角網が完成される。 ...
  • 祖父も生れながらにして、さまざまな艱難辛苦かんなんしんくを背負うて参った。 ...