カネサダ

2 の例文 (0.00 秒)
  • 元々は、コンペイトウでの観艦式襲撃の事実を抹消した連邦軍に対して義憤を抱いたカネサダが興した単なる抗議団体に過ぎなかったが、規模の拡大とともに、宇宙主導の新政権を樹立することを目的として活動を行う、一種の政治結社と化した。 ...
  • しかし開発段階でイットウの父カネサダへの憎しみの感情がシステムに刷り込まれており、カネサダが関与した他の妖刀システムや人為的なニュータイプに反応し自立起動する「超妖刀」が発動するリスクも持つ。 ...