カッサンドル

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これは同年の「北急行」とともにカッサンドルにとって初めて鉄道を主題にした作品である。 ...
  • これは同年の「北極星号」とともに、カッサンドルにとって初めて鉄道を主題にした作品である。
  • この広告ポスターもカッサンドルが手がけている。 ...
  • こちらでは新たなブランド名・ネームロゴは取り入れておらず、カッサンドルによるYSLのロゴがほぼ全商品に用いられている。 ...
  • カッサンドルは初め、この職は画家として身を立てるまでの食い扶持のために過ぎないと考えており、「絵画はそれ自身で目的になるが、ポスターは売り手と公衆の単なるコミュニケーション手段にすぎない」とはっきり認めていた。 ...
  • その後、様々なアーティストの画法を研究し、アンリ・マティスや、レイモン・サヴィニャック、カッサンドルたちの単純な輪郭や明解な色で構成されたシンプル、かつ訴求力のある作品を研究し、自らのデザインスタイルを確立させていった。 ...
  • カッサンドルはパブリシティのためのグラフィックデザインに習熟するにつれて徐々にこれに熱中してゆき、これを「失った公衆との回路を再発見する」手立てと考えるようになってゆく。 ...
  • 独学でデザインを学び、1935年からカッサンドルの設立した「アリアンス・グラフィック」でカッサンドルの指導のもとポスターを描き始める。 ...
  • カッサンドルのポスター "NORD EXPRESS" に衝撃を受けたという里見は、これらポスターでグランプリを受賞したことから、当時の一流ポスター作家達と親交を深め、特にカッサンドルの技法に影響を受ける。 ...
  • カッサンドルは長期間にわたってジョルジュ・ペニョおよび彼の活字鋳造所と恊働しており、ビフュール、アシエ・ノワール、およびペニョなどのタイプフェイスを制作している。 ...
  • ソプラノ・ドラマティコの声質と圧倒的な声量を持ち、アイーダやカッサンドル、アルチェステ、レオノーラなどの厳粛な役柄を得意としている。 ...
  • 東京のサントリー美術館が日本古来の美術・工芸品を収集しているのに対して、モネやボナール、ロートレック、ミュシャ、カッサンドル、ホックニーの作品や世界各国の秀作ポスターなど、近現代美術の収集・展示を行っていた。
  • コラン、ルーポ、カッサンドルとともに、「三銃士」と呼ばれ、「フランス広告界の支配者的存在」であった。
  • コラン、ルーポ、カルリュ、カッサンドルをあわせてアール・デコ期のポスターの「三銃士」と呼ぶことがある。 ...
  • ルーポ、カルリュ、カッサンドルとともに、「三銃士」と呼ばれ、「フランス広告界の支配者的存在」であった。