カタラーゼ

全て 名詞
53 の用例 (0.00 秒)
  • また、1937年にはカタラーゼという酵素について同様のことを行った。
  • この過酸化水素はさらにカタラーゼやペルオキシダーゼで無害化される。
  • 非運動性かつ多形性で、ほとんどの種がカタラーゼ、オキシダーゼ陽性である。
  • 生成した過酸化水素はカタラーゼやペルオキシダーゼなどによって分解される。
  • 反応速度を大きくするため触媒として二酸化マンガンや酵素の一種カタラーゼを使用する。
  • 確かに基質は1種類だが修飾された酵素が中間体として存在している以上、カタラーゼの反応機構はピンポン機構というべきである。
  • カタラーゼは基質が過酸化水素だけである独特な酵素で、ピンポン機構を示す。
  • カタラーゼに関する研究で農学博士号を得る。
  • 稀有な血液異常症の無カタラーゼ血液症を発見した。
  • 傷口の消毒時に生じる泡は体内にあるカタラーゼが触媒として働いて生じる酸素である。
  • 高原は「無カタラーゼ血液症の発見とその研究」により、1961年に朝日賞を受賞している。
  • 現在でもカズノコの殺菌・漂白に使用されていながら表示がないのは、カタラーゼで分解処理を施し残存させないため加工助剤となり食品添加物には該当しないためである。
  • 具体例を挙げるならば活性酸素種のひとつである過酸化水素は酵素であるカタラーゼの作用で水と分子状酸素に分解されるということである。
  • イソニアジドはプロドラッグであり、細菌のカタラーゼによって活性化される必要がある。
  • オキシダーゼの働きによって活性酸素の一種である過酸化水素が発生するが、これは同様に内腔に含まれるカタラーゼによって分解される。
  • カタラーゼ、P450などの活性中心に存在するヘム鉄などが代表的な補欠分子族である。
  • また、この遺伝子が欠損すると無カタラーゼ症を発症する。
  • 高温のガスを噴射するミイデラゴミムシの能力は、カタラーゼの高い代謝回転数に依存している。
  • また、カタラーゼ非生産でエスクリンの加水分解能を持ち、これを検出試験に利用する。
  • カタラーゼは、代謝の過程で発生する過酸化水素を不均化して酸素と水に変える反応を触媒する酵素である。
  • 次へ »