カタナシ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • しかたなしにそのままにしていたところで、文世高の名が聞えてきた。 ...
  • それでも受けたものであるからしかたなしに眼をつむってぐっと飲んだ。 ...
  • 「必ず太陽を背にして飛べよ」ハリーはしかたなしに二人にそう言った。 ...
  • 人類側に空中要塞と恐れられたスキュラも荒波機の前には形無しだった。 ...
  • 青年はしかたなしに便所へ入って児に用をたさせながら正面の壁の上を見た。 ...
  • 部屋といいながめといい料理といい、その善美なること言わんかたなし。 ...
  • 私はその櫛を握ったまま、しかたなしに友人のいるカフェーへ引返した。 ...
  • しかし夫の仕送りがとぎれて、しかたなしに親の里へ帰るのだから心配だ。 ...
  • 彼はしかたなしに足をめたが、その戸はみるみる左の方へ往ってしまった。 ...
  • それでも勝重さんは行きたいと言うもんだから、しかたなしに連れて行った。 ...
  • 彼はしかたなしにあきらめて、くたびれた足を引擦ひきずるようにして帰りかけた。 ...
  • だから、わたしはしかたなしに話の通じないのを幸ひにして黙つてしまつた。 ...
  • しかたなしに、手持ちの騎士を用いて秘密裏に調査を開始したのです。 ...
  • しかたなしに五六人で、力を合わして取ろうとしたがそれでも動かなかった。 ...
  • しかし、やらないわけにはいきませんから、しかたなしにやります。
  • 二人はしかたなしに何処かそのあたりで野宿にいい場処を見つけて寝ることにした。 ...
  • 栄吉さんもしかたなしに、天保銭てんぽうせんを一枚そのたもとの中に入れてやりましたよ。 ...