カタナシ

30 の例文 (0.03 秒)
  • それでも受けたものであるからしかたなしに眼をつむってぐっと飲んだ。 ...
  • 「必ず太陽を背にして飛べよ」ハリーはしかたなしに二人にそう言った。 ...
  • 人類側に空中要塞と恐れられたスキュラも荒波機の前には形無しだった。 ...
  • しかたなしにそのままにしていたところで、文世高の名が聞えてきた。 ...
  • しかし主人は動くようすがないので、しかたなしにともかくも駒を並べた。 ...
  • しかたなしに、彼は、いま歩いてきた道をふたたび帰ろうとしました。 ...
  • 部屋といいながめといい料理といい、その善美なること言わんかたなし。 ...
  • 私はその櫛を握ったまま、しかたなしに友人のいるカフェーへ引返した。 ...
  • しかし夫の仕送りがとぎれて、しかたなしに親の里へ帰るのだから心配だ。 ...
  • それでも勝重さんは行きたいと言うもんだから、しかたなしに連れて行った。 ...
  • 彼はしかたなしに諦めて、くたびれた足を引擦るようにして帰りかけた。 ...
  • だから、わたしはしかたなしに話の通じないのを幸ひにして黙つてしまつた。 ...
  • しかたなしに、手持ちの騎士を用いて秘密裏に調査を開始したのです。 ...
  • しかたなしに五六人で、力を合わして取ろうとしたがそれでも動かなかった。 ...
  • しかし、やらないわけにはいきませんから、しかたなしにやります。
  • 二人はしかたなしに何処かそのあたりで野宿にいい場処を見つけて寝ることにした。 ...
  • その晩私はしかたなしに学校へゆくことを承知した。 ...
  • 彼はしかたなしに足をめたが、その戸はみるみる左の方へ往ってしまった。 ...
  • 折江もそれでしかたなしにふたたび写真のほうに目をやった。 ...
  • ただ頼まれるとしかたなしにスタイル・ブックやモード雑誌を貸してただけ。
  • そんなら女の髪の毛を三本だけくれろと言うので、しかたなしに三本与えた。 ...
  • シルフィードはしかたなしに、再び美味とはいえない料理と格闘し始めた。 ...
  • 鈴木くんはケンカが強くて本気怖いので、ぼくはしかたなしに木の上に上りました。 ...
  • 彼はしかたなしに、素足のままで自分の部屋まで帰って来た。 ...
  • しかたなしに廡下のきしたをうろうろしていると、一軒の家の扉を左右に開けて一人の老人が出て来た。 ...
  • 「お種さん、そんなに嫌うもんじゃないよ」 お種はしかたなしに足を止めた。 ...
  • 僕もしかたなしに肩を並べながら、次第に失意の気持が強くなるのを禁じ得なかった。 ...
  • ただ変なしかめ面をして黙りこみ、しかたなしのように金網にへばりつく。 ...