カイナデ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • なかなかかいなでの老人子供の手に合うものではない。 ...
  • 筆蹟といひ、構想といひかいなでの少女と見なかつたのが、私の錯誤を來すもとだつた。 ...
  • それにくらべれば、余の外部からの観察のごとき、かいなでの無惨にしか過ぎない。 ...
  • かいなでの繪師には總じて醜いものゝ美しさなどと申す事は、わからう筈がございませぬ。
  • 事実、京都に於ての彼の勢力は、かいなでの大名では歯が立たない、大諸侯といえども彼の勢力をはばからずしては事がなせない。 ...
  • かいなでの知識だが、しかしどこから見ても感嘆に値する前半生を持つ大才女にちがいなかった。 ...
  • 変態的社会が生んだものとはいえ、かいなでに知識人の一括上程などはあるべき道理がないからである。 ...
  • かいなでの絵師には総じて醜いものゝ美しさなどと申す事は、わからう筈がございませぬ。
  • かいなでに考えると、幸田や酒月が何か鶴の中へ仕掛けたのだろうかと思われ勝ちだが、どうして、あのスレッカラシが、すぐ尻尾を掴まえられるような、そんな窮した真似をするわけはない。 ...
  • さらばシエクスピイヤの理想大理想にあらず、衆評者の理想小理想にあらざるに、衆評者の作家となりて作をなしたるとき、若くは他のかいなでの作家の作をなしたるとき、その作の衆評者の理想と作家自身の理想とを沒却すること、シエクスピイヤが作の如くならざるは何故ぞ。 ...
  • そのふるまひにはおのずか気高けだかき処ありて、かいなでの人と覚えず。 ...
  • どんな職業、どんな社会相も知らざることなしと思われるこの人に相談されて、かいなでの知識ですむはずがなく、そこで何かのはずみで御隠居さまに話したら、御隠居さまが、先祖代々お城坊主をやっていたという旧知の幸田成延を呼んで逢わせてくれることになったのだ。 ...
  • われはかいなでの詩人に向ひて、大詩人になれともいはず、又大詩人に向ひて審美の理を談ぜむともせず。 ...
  • 浜子さんの噂をあんまりしたが、あれで、鼓村さんに浜子という人の並々でない気性がわかってもらえたかしらと、かいなでの弟子と見てもらいたくない気で、よけいなおしゃべりをしたのが、軽い憂鬱ゆううつでもあった。 ...
  • それに、見損うない、かいなでの在郷連と違った兄さんだぞという見得みえで、後ろに声援の芸妓連をはじめ、群がる見物人の手前という衒気てらいが充分に見えきっているから、お角がこれはよくないと思いました。 ...
  • 京都では、節分の夜に便所に入るとカイナデという尻を撫でる妖怪が出るとされ、「赤い紙やろうか、白い紙やろうか」と唱えるとこの怪異を避けられるという伝承があり、これが学校の怪談へ変化したとの説もある。 ...
  • 老婦人はおもむろに茶をすすりて、うつむきて被布のひざをかいなで、仰いで浪子の顔うちまもりつつ、静かに口を開き始めぬ。 ...