オーベルト

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • オーベルトはこの映画のためにロケットを建造するつもりだったが、期間と技術的問題でできなかった。 ...
  • オーベルトはわずか3ヶ月の間に液体燃料ロケットを設計・製作しようとしたが、実験中に爆発。 ...
  • また、オーベルトが中心となって活動していたアマチュア団体「宇宙旅行協会」にも参加していた。 ...
  • これは映画撮影用の模型であって飛行能力は持たず、製作途中に事故で破損してしまい、オーベルトは失意で故郷トランシルヴァニアに帰ってしまった。 ...
  • オーベルト以外にも、後にアメリカに渡り科学ライターとなるウィリー・レイが監修として参加している。 ...
  • 彼はまた、オーベルトと共にフリッツ・ラング監督の映画『月世界の女』の顧問も務めた。
  • 第四帝国から脱走したオーベルトとその部下のネオナチ。 ...
  • 宇宙旅行協会も1934年には散会するが、ドイツでは1929年に陸軍兵器局がロケット兵器の開発に着手し、協会にも所属していたヴェルナー・フォン・ブラウンやオーベルトらが中心となり、1942年には液体燃料を使ったロケット兵器の開発に成功。 ...
  • オーベルトの効果に名前を残す。 ...
  • レイとオーベルトはフリッツ・ラングのSF映画『月世界の女』の監修をした際、実際に打ち上げられるロケットを製作する資金をラングから提供してもらうよう望んでいた。 ...
  • レイとオーベルトはフリッツ・ラングのSF映画『月世界の女』の監修をした際、実際に打ち上げられるロケットを製作する資金をラングから提供してもらうよう望み、オーベルトはわずか3ヶ月の間に液体燃料ロケットを設計・製作しようとしたが、実験中に爆発。 ...
  • オーベルトはその後、心霊説に転向した。 ...
  • 「oberth」はドイツのロケット工学者ヘルマン・オーベルトからとられているため、ドイツ語読みで「オーベルト」が正しいが、英語読みの「オーバース」と誤表記されている書籍等もある。 ...
  • オーベルトは耳の鼓膜が破れ、右目を失明する。 ...
  • オーベルトは小惑星帯にある小惑星。 ...