オーティズ

全て 名詞
16 の用例 (0.00 秒)
  • さらに終盤はオーティズの途中加入により出場機会が激減した。
  • 後任監督には打撃コーチを務めていたレオン・リーが就任したが、レオンはオーティズを二塁で起用するなどの極端な攻撃重視のオーダーを組んだ。
  • ホセ・オーティズなどの場合はロッテ退団のため取引制限の対象になったものの、NPB復帰にともない制限が解除された。
  • 「開幕ロースター漏れの選手よりも、日本球界が分かっている外国人選手のほうがいい」という会長の王貞治の進言で、メキシコリーグでプレーしていたオーティズの獲得が決まったという。
  • そこで球団会長の王が「開幕ロースター漏れの選手よりも、日本球界が分かっている外国人選手のほうがいい」と提言しメキシコリーグでプレーしていたホセ・オーティズの獲得が決まった。
  • メインイベントの世界ライトヘビー級タイトルマッチでは王者リデルが挑戦者オーティズをTKOで下し、4度目の王座防衛に成功した。
  • さらにオーティズのソロ、早川の適時打で4点を挙げた。
  • その後、前年まで千葉ロッテマリーンズに在籍していたホセ・オーティズが加入し一旦外国人枠は埋まったが、アギーラが2軍で好成績を残したこと、開幕当初先発ローテーションに入っていたキャメロン・ローが2軍落ちして枠が1つ空いたことに伴い、5月15日に再昇格した。
  • 同年は開幕スタメンに抜擢されたが不安定な送球による失策が多く、二塁から三塁手にコンバートされたホセ・オーティズと共にチームの守備を破綻させる一因となった。
  • その後ホセ・オーティズの打撃不振によって4月11日に一軍へ昇格し、4番・指名打者あるいは右翼手として起用されたが、打率が2割前後と低迷したことから、復調したオーティズと入れ替わりで5月4日に再び二軍へ降格された。
  • 守備では青野毅の故障、今江敏晃の不調などにより久々に三塁手でスタメン出場したものの、ホセ・オーティズの加入で再び出番が減ってしまう。
  • オルティスあるいはオルティズ、オーティズ、オルティーズは、スペイン系の姓のひとつ。
  • 現時点ではキティホーク、ヴィック・ミニョーンナ、リサ・オーティズ、エリック・ステュアート、 ヴェロニカ・タイラーが後日発表されるゲストと共に登場する予定である。
  • しかし多村仁志、ホセ・オーティズ、松中信彦、内川聖一などの相次ぐ離脱もありレフトやライトでのスタメン出場機会を増やした。
  • ソフトバンクは8回裏に無死1塁からオーティズの適時二塁打で1点を返し、なおも無死2塁と同点のチャンスを迎えるが、小久保、多村、ペタジーニの3者が凡退し1点止まり。
  • 名前のDavid Ortizは、本項でのデビッド・オルティーズという読み以外に、メディアによってそれぞれ「デービッド」「デーヴィッド」「デイヴィッド」、「オルティス」「オーティズ」「オティース」など、様々な読まれ方がある。