オンズロー

全て 名詞
39 の例文 (0.00 秒)
  • 庶民院議長就任以前のオンズローによる演説は3回しか知られていない。 ...
  • オンズロー家の末裔には20世紀末に庶民院議員を務めたがいる。 ...
  • オンズローはイギリス本国艦隊に所属し、主に北極海輸送船団の護衛に従事した。 ...
  • 当初艦名はオンズローであったが、1941年8月にパケナムに変更された。 ...
  • イギリス艦隊は最も大胆なリーダー、ダンカンとオンズローを先頭にした2つの戦列を形成することになった。 ...
  • オンズローは牢獄委員会の一員だった。
  • ホイッグ党の政治家だった第4代オンズロー男爵ジョージ・オンズローが1801年に叙されたのに始まる。 ...
  • オンズローの最も有名な働きは、1942年にバレンツ海海戦でロシアへ向かうJW51B船団を護衛した時のものだった。 ...
  • 甥のアーサー・オンズローは後に庶民院議長を務めた。 ...
  • だが、オンズローはさらに数発の命中弾を受け、シャーブルック大佐は指揮権を僚艦に譲った。 ...
  • また1731年にオンズローの長男ジョージが生まれたとき、キャロライン王妃はその名付け親になった。 ...
  • この出来事により同年6月に枢密顧問官に任命されたが、同時にトーリー党からの批判に晒されることとなり、オンズローは1710年イギリス総選挙ではサリー選挙区で敗北を喫し、腐敗選挙区のに頼らざるを得なかった。 ...
  • オンズローは1727年7月までギルフォード選挙区選出の庶民院議員を務めた。 ...
  • オンズローが選出された裏にはウォルポールがサー・スペンサー・コンプトンを追い落とそうとしたことと、オンズローを支持することで内閣の味方が増えるとの思惑があったが、オンズローが与党寄りにならず与野党を公正に扱ったためウォルポールの思惑が外れた。 ...
  • コンプトンの後任として庶民院議長を務めたアーサー・オンズローはウィルミントン伯爵を「議長としては有能だが、演説の才能はなかった」と評価した。 ...
  • 議長在職中の1710年3月、の弾劾裁判が貴族院で行われることとなったため、オンズローは議長として庶民院議員全員を率いて貴族院で傍聴しようとし、黒杖官はそれを阻止しようとした。 ...
  • ビュート伯爵は権謀術数でニューカッスル公爵派が野党として団結することを阻止しようと図ったが、それに反発するニューカッスル公爵派の議員たちは、1762年12月23日にニューカッスル公爵の甥のオンズローの家で定期的な会合を行うことを決めた。 ...
  • 次へ