オリアーナ・ファラーチ

7 の例文 (0.01 秒)
  • 彼はジャーナリストのオリアーナ・ファラーチと、月面に立った瞬間にこの発言をするかどうかで500ドルの賭けをしていたのである。 ...
  • オリアーナ・ファラーチの『ひとりの男』はぼくはまだ読んでないが、本好きの信頼できる友人たちはみな口を揃えて、凄い、と言う。 ...
  • しかしながら、人そして政治家としてのパナグリスに最良の方法で名誉を捧げたのは、イタリアのジャーナリストであり彼の仲間で恋人でもあったオリアーナ・ファラーチであり、それは彼女の作品「ある男」であった。 ...
  • オリアーナ・ファラーチは、イタリアのジャーナリスト、作家および政治インタビュアー。 ...
  • 背中は「ひとりの男」「オリアーナ・ファラーチ」「講談社」で、表紙同様に白地である。 ...
  • thumb|220px|オリアーナ・ファラーチイタリア王国フィレンツェに生まれる。 ...