オノリオ

6 の例文 (0.00 秒)
  • どれもジュヌビエーブが気にすることではないし、長老オノリオはそうした興味を「みだらなのと同じうわさ好き」と戒めていたが、彼女はそれなしではいられなかった。 ...
  • 長老オノリオはその後もずっと人生に疲れた吸血鬼に安息の場を与えつづけ、人狼ワーウルフやその他変身する者のための教団を作った。 ...
  • オノリオはいまだに大昔にはやった飾り金具や辮髪べんぱつで身を飾り、他の聖職者たちもそれぞれ自分の生きた時代の服装を好んで身につけていた。 ...
  • ヴィーツァックはオノリオの腹心の部下で、長老の許しがないかぎり危害は加えないのだが、訪問者にそんなことがわかるはずはない。 ...
  • この修道院はシグマーの時代に、長老オノリオの闇の父、 <ふさぎ屋> のべラダが創設して以来、何世紀も変わることなく孤立した地位を保ってきた。 ...