オオモノ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 相手がいかに身分ちがいの大物であっても、彼との対決を避けられない。 ...
  • そうやって頭に鈎をかけたほうが大物がとびつきやすいとのことである。 ...
  • だからよほどの大物を釣っても逃してやらなければいけなくなっている。 ...
  • これまでの記録では八十センチ、五キロに達する大物があげられている。 ...
  • 実は達也も「今回の相手は大物だったな」程度にしか思っていなかった。 ...
  • 二、三それらしい奴に目はつけたのだが、大物といえるほどではなかった。
  • しかもそのうちの一匹は、楽の弟だと言っても通るくらいの大物だ。 ...
  • 五月中は卵を毎日食べて力をつけ、九月から十月には超大物と戦うのだ。 ...
  • ところが彼女を身請けしたという大物の正体がどうしてもわからない。 ...
  • するとその通り道に、自然の創りだした稀にみる大物が見つかったのだ。 ...
  • 実際の脱出に当っても、まさにラストヴォロフは大物扱いにされていた。 ...
  • あれぐらいの大物をるとなると、サポート役だって最低二人は必要だ。 ...
  • 怒って席を立つ、などということは大物の脚本家だけの選択である。 ...
  • この旅館の近くの磯で、例の大物が釣れたということだったからである。 ...
  • これほどの大物ではないが、ほかにも何人かの有名人が、姿を見せていた。 ...
  • ところが二人の大物が総裁候補に名乗りを上げお互い譲らず困っている。 ...
  • 大物政治家となると選挙区と東京の間をせわしく往復する必要はない。 ...