オイラーの五角数定理

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 数学において、オイラーの五角数定理は次式が恒等式であることを主張する定理である。
  • m = 3 の場合を三角数定理、m = 4 の場合を四角数定理というが、五角数定理といえば全く別のオイラーの五角数定理を指す。 ...