エストラード

全て 名詞
36 の例文 (0.00 秒)
  • だが、生前のエストラード侯も第一に警戒していたのはジュスランであった。 ...
  • エストラードが態度を変えたという噂が広がり、出現を信じる人がますます増えていった。
  • エストラード侯は死後、元帥号を授与されたが、これはどこまでも形式でしかなかった。 ...
  • エストラード侯爵閣下におすがりするしか、われらに未来はないのです。 ...
  • 動揺する心を抑えて、エストラードは、異母弟たる藩王のもとに出頭した。 ...
  • このにおよんで、エストラードは一瞬ひるんだように見えたが、まったく一瞬のことであった。 ...
  • わずかだが首を振り、息を吐き出したのは、エストラード侯の死が階段からの墜死であったという事実に対してであったろう。 ...
  • 軍務大臣エストラード侯は、まことにばかばかしい死にかたをしたものであった。 ...
  • にもかかわらず、一族内部の団結と統一は至上の価値を有するものとされ、そのことにエストラードも疑問をいだいたことはなかった。 ...
  • エストラード侯はバルアミーの父親でもあったが、いずれにせよ反タイタニア派にしてみれば、タイタニア一族の分裂と対立をはかるのは当然のことである。 ...
  • エストラードに会うたび、かたくなって、年長者に対する礼をほどこしていたものだ。 ...
  • そう思ったとき、エストラードの理性は、軌道をややはずれた。 ...
  • 父エストラード侯の横死おうし以来、彼の神経網は心痛で寸断されても不思議ではなかったのだ。 ...
  • あなたこそタイタニアの長として無地藩王の地位につくべきである、と、貴族たちの一団はエストラードに告げた。 ...
  • 第二に、仮にエストラード侯が宮廷貴族どもに叛逆を教唆された事実を沈黙していたとすれば、その責を追及することができる。 ...
  • エストラードは大将であり、軍務大臣であって、階級的序列はイドリスの上位にある。 ...
  • 第一に、エストラード侯爵がどのような反応を示そうと、宮廷貴族どもが彼に叛逆をそそのかしたことが事実であれば、その罪科によって宮廷貴族どもを粛清することができる。 ...
  • 次へ