エストラゴン

全て 名詞
20 の例文 (0.00 秒)
  • 第2幕においてもウラディミールとエストラゴンがゴドーを待っている。 ...
  • ウラディミールとエストラゴンは自殺を試みるが失敗し、幕になる。
  • なみいる手錬の者達がエストラゴンに挑んだが、誰一人として生還した者は居ない。 ...
  • フランス語のエストラゴンの名で知られる。 ...
  • 天然においても、ジャガイモやエストラゴンにはごく微量のジアゼパムや が含まれている。 ...
  • エストラゴンの話はしばらくくとして、その体力の差ということだが、薩摩治郎八さつまじろはち氏の伝えるルイ十四世のメニューに誤りがなければ、王のただ一回の食卓には次のようなものが供された。
  • 第1幕ではウラディミールとエストラゴンという2人の浮浪者が、ゴドーという人物を待ち続けている。 ...
  • パセリやエストラゴンのみじん切りをあしらった生ガキの冷製である。 ...
  • エストラゴン・オウ・ヴィネーグルという標示はフランス語で記してあり、輸入元の貼ったレッテルには日本語の商品名に添えて、鶏肉料理やサラダによく合いますという説明がある。 ...
  • ベアルネーズソースには酢とエストラゴンを煮詰めたものを使うが、オランデーズソースにはレモン汁が使われる。 ...
  • ただ、どちらかといえばローゼンクランツは『ゴドーを待ちながら』のエストラゴンのような経験主義的な、ギルデンスターンは同じくウラディミールのような理性主義的な性格に描かれている。 ...
  • エストラゴンは日本のじゅんさいのような、ツルリとしたものだが、冷たいジャガ芋のスープは、八坂丸自慢の製氷機で作った氷を、ふんだんに使って作る。 ...
  • 今日のスープは、冷たいジャガ芋のクリーム・スープと、エストラゴンの入ったコンソメだ。 ...
  • 伝説を作るため西部を行く、自称正義の味方ジーノが狙うは賞金稼ぎ潰しエストラゴン。 ...
  • ソース・ベアルネーズのほうは、卵黄と溶かしたバターをあわせた温かいマヨネーズのごときもので、それにエストラゴンやパセリのみじん切りを入れたもの。 ...
  • フランスの煮込み料理の香り付けには、パセリ、タイム、ローリエ、エストラゴンなど数種類のハーブを束ねたブーケガルニが使われる。 ...
  • 加えて、エストラゴン、オレガノ、ギョウジャニンニク、シロザ、タイム、ツクシ、フキノトウ、モミジガサ、レモンバームの野菜類9種にもTrp-P-1に対して強い抗変異原性があり、キク科、シソ科、アブラナ科、セリ科の植物に抗変異原性があるものが多い。 ...
  • 次へ