エアドリック

8 の例文 (0.00 秒)
  • 続くその戦闘にて、イングランド側に戻っていたエアドリックは、おそらくその策略から軍を撤退させ、イングランドに決定的敗北をもたらした。 ...
  • 慢性的に不誠実であったエアドリックは、クヌートの即位後1年以内に処刑された。 ...
  • おそらくエアドリックの領地を狙ったとされる。 ...
  • エアドリックと来た40隻の船は、デーンロウの船と考えられることもあるが、おそらくはトルケルの船とされる。 ...
  • 同じ年、しばらくしてから、クヌートはエアドリックを裏切り者として処刑した。 ...
  • この時点でエアドリックはエドマンドのもとに渡り、クヌートはテムズ川河口を北上してエセックスに出帆し、上陸地からを遡ってマーシアを荒らし回った。 ...
  • ウェセックスは当初クヌートの個人的な支配下に置かれた一方、ノーサンブリアはエイリーク・ハーコナルソンに、イースト・アングリアはトルケルに、マーシアはエアドリックの管理下に委ねられた。 ...