ウルボス

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これに合わせた列車本数の増加に対応するために導入されたのが、スペインのCAFが製造したウルボス2である。 ...
  • 各系統で使用されているが、そのうちタリン空港と接続する第4系統は全列車がウルボスAXLで運行する。 ...
  • その後高雄市内にはライトレールが開通したが、それに合わせて導入された車両はコンビーノではなくスペインのCAFが展開するウルボスとなっている。 ...
  • 初代モデルのウルボス1は自社の拠点があるビルバオ・トラムで2004年から2006年にかけて採用された。 ...
  • この項目では、オーストラリアのシドニーに存在するライトレールであるに在籍する、もしくは在籍した車両のうち、スペインの鉄道車両メーカーのCAFが製造した超低床電車のウルボスについて解説する。 ...
  • そして、交通機関の運営や車両の維持・管理を行う子会社のに向けて2015年から製造が始まったのが、世界各国に導入実績を持つ超低床電車のウルボス3の中で、車両全体が低床構造となっているウルボス100である。
  • 残りの8両も2015年5月までに製造が完了し、同年以降インナーウエスト・ライトレールの車両は全てウルボス3に統一されている。
  • 開業時はイタリア・アンサルド製の電車であるT-69が導入されたが、メンテナンス面の課題や延伸区間の線形など様々な要因で2014年以降はスペイン・CAF製のウルボスへの置き換えが実施され、2020年現在は同形式が使用されている。 ...
  • その後、オプション権を行使する形での追加発注を経て2015年から導入が行われたのが、高速運転に適した車種のウルボスAXLである。 ...
  • これらの事情を踏まえ、新型車両として次項で解説するウルボス3を導入し、T69を全面的に置き換える事が決定された。 ...
  • シドニーに導入されたウルボスには、延伸に伴い新造された「ウルボス3」と、その製造が完了するまでの繋ぎとして一時期使用していたリース車両の「ウルボス2」が存在しており、2020年現在運用に就くのは前者である。 ...
  • 車両番号はウルボス2の続番である「2112」から付けられたが、「2113」については西洋文化における忌み数である「13」を含む事から欠番となっている。 ...
  • thumb|250px|ウルボス100メトロ・エクスプレスで使用されている車両は、スペインのCAFが世界各国へ向けて展開する超低床電車のウルボスである。 ...
  • thumb|250px|ウルボスニューカッスル・ライトレールで使用されてる車両は、スペインのCAFが製造した5車体連接式超低床電車のウルボスである。
  • thumb|250px|ウルボス3キャンベラのライトレールで使用されている車両は、コンソーシアム「キャンベラ・メトロ」の参加企業の1つであるスペインのCAFが展開する超低床電車のウルボス3である。