ウラルトランスマッシュ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 当初はロシアの輸送用機器メーカーであるウラルトランスマッシュと共同で製造を実施する事が発表されていたが、実際は全車両をペサが製造した。 ...
  • また、これら以外にもウラルトランスマッシュではパイプライン用部品や各種製品の部品生産、金属溶接などの事業も展開している。 ...
  • また、ウラルトランスマッシュではこの車両を基にした狭軌向けの新型車両である71-411を開発している。
  • これらに加えて、タギルスキー軌道では2020年以降車内全体が低床構造となっている100 %超低床電車を3両導入する計画を有しており、同年8月7日に実施された入札の唯一の参加企業であったウラルトランスマッシュが製造を担当する事になっている。 ...
  • 戦後は蒸気機関車用のテンダーや建設・土木作業用の油圧ショベルなどの生産が行われた一方、1960年代以降は自走砲を始めとした兵器の生産が主体となっており、2020年時点でもウラルトランスマッシュにおける主要製品に位置付けられている他、同社はロシア連邦における唯一の自走砲生産工場となっている。 ...
  • 同時にコンソーシアム「スペクトル」による路面電車車両の展開も終了し、以降製造された改良形式はウラルトランスマッシュによる単独生産に切り替えられている。 ...
  • ただし2004年にモスクワ市電へ導入された試作車1両については、窓ガラスの破損を始めとした不具合が相次いだため正式な導入は行われず、試験終了後の翌2005年にウラルトランスマッシュへ返却された上でエカテリンブルク市電に再度導入されている。
  • ウラルトランスマッシュは、鉱山に隣接した金属精製工場をルーツに持つ、1817年創業という長い歴史を持つ企業である。 ...
  • 台車はウラルトランスマッシュで開発された車軸がない独立車輪式台車が採用され、これにより車内全体の床上高さが370 mmとなっている。 ...
  • それ以前に使用されていたソビエト連邦時代の車両である71-605は事業用車両が1両のみ在籍しており、2005年に導入されたウラルトランスマッシュ製の71-402は2009年までの4年間しか運用されず2016年に廃車されている。 ...
  • 自走砲などの装甲戦闘車両の生産を主事業としているロシア連邦の重機メーカーであるウラルトランスマッシュは、1997年以降路面電車車両の製造事業に参入し、2000年代以降はバリアフリーに適した超低床電車の製造を行っている。 ...
  • ロシア連邦の輸送用機器メーカーであるウラルトランスマッシュは、チェコの企業連合であるアライアンスTWとライセンス契約を結び、同連合が展開する部分超低床電車のヴァリオLFを基にした標準軌向け車両である71-412を開発している。 ...
  • thumb|250px|R1の基礎となった71-409 ウラルトランスマッシュはエカテリンブルクに本社を置く機械メーカーで、自走砲やポンプに加え路面電車の製造も行っている。 ...
  • thumb|250px|エカテリンブルクの産業見本市で展示された試作車 R1は、ロシア連邦のウラルトランスマッシュとATOMが開発した超低床路面電車。
  • ウラルトランスマッシュ。 ...