ウトラメール

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • は続いたが、一族は後にウトラメールに関心を持たなくなった。 ...
  • フランスでは「ウトラメール」という語は海外一般を指して使われることもある。 ...
  • 近代フランスにおいてもウトラメールを指して使われる。 ...
  • ウトラメールにおけるホスピス兄弟団だったころの指導者たち。 ...
  • もともとドイツ騎士団はウトラメールのアッコを拠点とし、総長は主に教皇や皇帝の宮廷にいた。 ...
  • 例えばルイ4世はイングランドで育てられたため、「ウトラメールのルイ」と呼ばれる。 ...
  • ウトラメールのキリスト教徒たちはヨーロッパに援軍を求めたが、ヨーロッパ諸国の反応は鈍かった。 ...
  • この間にウトラメールとの騒乱も断続的に行われ、第1回十字軍後に互いに領土を巡って張り合ったので益々独立したアタベクが頻繁に他のアタベクに対してウトラメールと連合することになる。 ...
  • ドイツ騎士団は聖地へのキリスト教巡礼者を援助し病人や怪我人のためにウトラメールで病院を運営するためにアッコ市で1190年に編成されたドイツ騎士団であった。 ...
  • 以降聖地に向けた十字軍が実際に行われることは無く、約20年後の1291年にウトラメールにおける最後の砦アッコが陥落し、十字軍国家は事実上消滅することになった。 ...
  • ウトラメールという語は、レバント、シリア地方、パレスチナなど東地中海の海岸沿いの地方と同義でも使用された。 ...
  • ヒッティーンの戦いがエルサレムの陥落に至った大きな象徴的重要事であったのと同様に、ウトラメールでキリスト教戦力の崩壊を真に決定付けたのはラ・フォルビーの戦いだった。 ...
  • サヴォイア家がキプロス女王シャルロットから引き継いだ名目上のエルサレム王位その他のウトラメールの相続権は弟の死後ヨランダにあり、彼女の死後その相続権は従姉のナポリ王女シャルロット・ダラゴンに移った。 ...
  • thumb|right|300px|ギヨーム・ド・ティールの年代記『海の彼方でなされた事蹟の歴史』の古フランス語訳本の挿絵 ウトラメールとは、第1回十字軍の後で設立されたレバントの十字軍国家群の総称。