ウトラキスト

全て 名詞
23 の例文 (0.00 秒)
  • ウトラキストはフス派の他の派閥に比べて穏健で、プラハ党とも呼ばれた。 ...
  • ウトラキストが交渉による平和的解決を試みたが、3日間の交渉は決裂した。 ...
  • ウトラキストがボヘミアの政権を握ったことで、都市からはドイツ人の裕福な市民が姿を消した。 ...
  • 戦後に復活したフス派は殆どがウトラキストで、イジー・ス・ポジェブラトが特に有名である。 ...
  • 父はフス戦争を起こしたフス派のうち、穏健派であるウトラキストの指導者の1人だった。 ...
  • ウトラキスト・カトリック連合軍の勝利後、約2世紀後に三十年戦争が勃発するまではボヘミア王国の多数派を占めた。 ...
  • ウィクリフ主義はフスの死までに、いわゆるフス主義として維持され、それからウトラキストに転じ、さらにターボルを拠点とするターボル派につながった。 ...
  • しかし、タボル派の勢力拡大を恐れたウトラキスト派はカトリック教会と連合し、内戦となった。 ...
  • 一方、プラハの統治者としてのジーギマンタス・カリブタイティスは町の議会を解散させて新たな議会を招集させて、ジギスムントに対するモラヴィア遠征の成功を可能にすることでヤン・ジシュカとフス派穏健派のウトラキストの対立に終止符を打つのに成功した。 ...
  • その死後は遺児ラジスラフ・ポフロベクが跡を継いだが、幼少だったためウトラキストの流れをくむ改革派貴族が摂政となった。 ...
  • しかし教皇エウゲニウス4世がバーゼルの誓約の承認を拒否したため、ボヘミアのカトリックとウトラキストの間には溝が残った。 ...
  • バーゼル公会議は1437年1月15日に批准したが、ウトラキストが異端でないと認めたのは12月23日のことであった。 ...
  • ウトラキスト派は都市貴族や学生からなる穏健派で、神のことばの自由な説教、平信徒による聖体拝領、聖職者の使徒的生活、当局の大罪者への処罰の提示の四箇条を主張した。 ...
  • プラハの名家出身のプロコプは、もともとフス派中のウトラキストに属する妻帯聖職者だった。 ...
  • ウトラキストはウトラキズムを支持するフス派の一派。 ...
  • ウトラキストを名乗り、カトリック教会との妥協も視野に入れるボヘミア貴族ら穏健派がある一方で、南ボヘミアの要害にターボル市を建設してターボル派と名乗った過激派は、教会を完全に否定し、聖書を唯一の宗教権威とした。 ...
  • 一方で1433年、ウトラキストはバーゼル公会議に代表団を派遣し、カトリック教会との和解を図った。 ...
  • 次へ