ウェリントン公爵

172 の用例 (0.00 秒)
  • この人事はウェリントン公爵が国王ジョージ4世に推挙した結果だった。
  • 続いて1828年6月には第1次ウェリントン公爵内閣のに就任する。
  • このためにウェリントン公爵内閣は早々に政権基盤が不安定になった。
  • 一代にして爵位がこれほど昇進したのはウェリントン公爵以来のことであるという。
  • ただこの頃にはウェリントン公爵はだいぶ老衰しており、耳も遠くなっていたという。
  • こうしてウェリントン公爵も1818年12月にはイギリスへ帰国することとなった。
  • ウェリントン公爵などが使用していたという。
  • 女王はこの際にウェリントン公爵に今後もメルバーン卿に諮問してよいかと下問した。
  • ウェリントン公爵は即答せず、各方面との組閣交渉の時間を頂いて退下した。
  • これは初代ウェリントン公爵が作成した元来のウェリントン・ブーツを指している。
  • このころ陸軍について正規兵の不足などが問題視されていたが、保守的なウェリントン公爵はあらゆる軍制改革に慎重だった。
  • 続くジョージ・カニング内閣にはカトリック解放反対の立場からウェリントン公爵らとともに入閣を拒否した。
  • ウェリントン公爵はなんとか二人の仲を取り持とうと尽力したものの、二人はお互い引く様子を見せなかった。
  • ウェリントン公爵は頑迷なカトリック解放反対派というわけではなく、この頃にはカトリックへの譲歩も考えるようになっていた。
  • ただウェリントン公爵の隷下の指揮官たちは軍事教育をほとんど受けておらず、ウェリントンも彼らの能力をあまり高く評価していなかった。
  • この一件以来、ウェリントン公爵は「二度と首相はやらない」と公言するようになった。
  • ヘイヤーは正確さについて興味があったので、ウェリントン公爵の書いた手紙を購入し、その書きぶりを正確に再現しようとしたことがあった。
  • ホイッグ党との連携を推進し、同年11月にはウェリントン公爵内閣を倒閣した。
  • ウェリントン公爵は「紳士たちよ、王室の部隊の名誉のためだ」と叫んで彼らを鼓舞した。
  • 国王はトーリーのウェリントン公爵を後任の首相に望んだが、これには国民の憤慨が激しく不可能だった。
  • 次へ »

ウェリントン公爵 の使われ方