インターネット回線

73 の用例 (0.00 秒)
  • また、最近ではインターネット回線を使い他の店舗と通信できる作品もある。
  • このモードではインターネット回線を利用して全国のプレイヤーとプレイできる。
  • インターネット回線を利用したものをビデオチャットという。
  • 試遊可能なソフトは、映像と同様にインターネット回線経由で随時追加・変更される。
  • 講師の講義を通信衛星やインターネット回線を利用して全国の加盟校に送信するシステムを用いる。
  • インターネット回線につなぐことにより、より詳しい番組案内を見ることができる。
  • インターネット回線を利用した通常テレビ向けのIPTVチューナーを通して視聴することもできる。
  • アマチュア無線とインターネット回線を用いたVoIP伝送システムである。
  • 地上デジタル放送開始以降、インターネット回線を用いた方式が普及し、常時接続の環境であれば特に料金を意識することはなくなった。
  • また、地上デジタル放送・BSデジタル放送の全チャンネルでインターネット回線を利用して視聴者が希望する地域ごとのニュース配信も行っている。
  • この他にも、インターネット回線を利用した通常テレビ向けのIPTVチューナーを通して視聴することもできる。
  • 本棋戦はインターネット回線を経由して遠隔地で対局を行う、ネット対局となる。
  • 最新曲のMIDIデータがインターネット回線を経由して各カラオケ店舗に送信されてくる。
  • NHKデータオンラインは、日本放送協会の日本国内向けテレビ放送において、インターネット回線を接続して利用するデータ放送のサービスのことである。
  • 利用しているインターネット回線を選択して、ワンクリックで簡単にパソコンを高速化できる。
  • この「環境情報」では、マスターティーチャープログラムに参加しておりアメリカの高等学校とインターネット回線を通じたテレビ会議で日米の生徒が共同で環境問題に取り組んでいる。
  • 通常、インターネット回線工事にはLAN方式とVDSL方式の2通りの工事方法がある。
  • これまでPHSや電話会議システム、インターネット回線などを用いて同時生放送を実施した年と録音番組として配信した年がある。
  • ただし、ローカルでのワイヤレス通信は行えるため、あくまでインターネット回線を利用して離れた場所にいるプレイヤーとの通信が不可能というだけである。
  • そのため、地域IP網をインターネット回線として利用する形態を指し「フレッツ網」と呼ぶ場合がある。
  • 次へ »