イングランド女王メアリー

12 の用例 (0.00 秒)
  • 黄金の薔薇がイギリス出身の女性に贈られたのは、1555年のイングランド女王メアリー1世以来のことであった。
  • イングランドでは、フェリペ2世とイングランド女王メアリー1世の結婚の交渉にあたった。
  • フェリペがイングランド女王メアリー1世と結婚し、スペインに不在となるため、その間の摂政を命じられたのである。
  • スペイン人は、イングランド女王メアリー1世の夫がスペイン王フェリペ2世であった関係から、スペインがメキシコの領土を併合するなど強い影響を及ぼした。
  • テイラーはその他にも、イングランド女王メアリー1世が所有していたことで知られる、ラ・ペレグリーナと呼ばれる50カラットの真珠も所有していた。
  • 婦人の執政を異常としており、ローマ・カトリックの君主、特にスコットランド女王メアリー・ステュアートとイングランド女王メアリー1世といった女性を主権者にすることに対する反対である。
  • 娘アン・ハイドはイングランド国王ジェームズ2世の最初の妻で、イングランド女王メアリー2世・アンは外孫に当たる。
  • その後グランヴェルは、イングランド女王メアリー1世と、カールの長子フェリペとの結婚交渉を指揮した。
  • マリア・テレジアは叔父モデナ公フランチェスコ5世の死によって、1875年にジャコバイトが支持するところのイングランド王位を得ていたため、まれにイングランド女王メアリー3世などと呼称される場合もある。
  • まだ先代のイングランド女王メアリー1世が存命であり、メアリーがフランス王太子妃だった時に、メアリーは2通の結婚契約書にサインしていた。
  • イングランド女王メアリー2世は熱心なタティング愛好家で、チャールズ・セドレー卿から庶民の手芸ではないかと冷やかされた。
  • スコットランド女王メアリー・ステュアートやイングランド女王メアリー1世と時に混同されるので注意を要する。