イロオトコ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 晩年になっても孫ほど離れた女性を連れて楽屋に訪れるなど色男であった。 ...
  • といって考えて見れば色男でもなければ、いったい誰がするだろうか。 ...
  • わたしはあまり色男の言うことは信用しないことにしているの。 ...
  • 私は、犯人は男だと思っているんですが、そんな色男がいるもんでしょうか? ...
  • 他はすべて片づいたが、あの色男だけは、おれにも今ひとつ自信がねえ。 ...
  • 家内も相手の色男もぼくを邪魔だてすることなどとうていできませんでした。 ...
  • 君の詩などから推察してまだ二十四五までの色男だと思はれてゐたらしい。 ...
  • そしておれが死んだあとで、この色男と一緒になるつもりだろう。
  • 色男は携帯電話をポケットから取り出して、マイケルに電話をつないだ。 ...
  • 若い時分の色男は別としても、正式の結婚でもった亭主は五人いた。 ...
  • そこには町じゅうの色男が彼女と同じ理由で集まって来ていた。 ...
  • 「随分、色男のお侍ですねえ」 茶を持ってるいは再び萩の間へ行った。 ...
  • 今度は、色男のほうが中心になって、リスキーなラブゲームを開始する。 ...
  • 近松君も色男ぶってましたけれど、赤星先生の方ももてる人でしたもの。 ...
  • おまえほどの色男であれば無理からぬことと、ひそかにおれは同情しておったのだ。
  • 番頭にからかわれているところに店の者がやって来て豚七を色男扱いをする。 ...
  • よって、妻には色男あるものと信じ、家に帰りて早速離縁したるものあり。 ...