イビデン株式会社

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • またその名の通りイビデングループの関連子会社であり、唯一の食品製造分野の会社である。 ...
  • 現在もイビデン青柳事業場とは隣接しており、支柱や壁等に名残を留める。 ...
  • 北大垣駅から東赤坂駅の間には、イビデン河間事業場への専用線があった。 ...
  • これにより現在ではガス販売量の一部を自社でまかなっており、自社製造分は主にイビデン及び一般家庭向けに供給している。 ...
  • 就任直後のバブル景気の崩壊により経営は苦戦したが、イビデンをプリント基板などの電子関連を主力にするなどを行い、改革を進めたという。 ...
  • イビデンの社長は前任の遠藤優までは、ほとんどが営業出身であったが、岩田は技術系出身者である。 ...
  • なおガス製造設備建設に当たってイビデンに対して第三者割当増資を行なった結果、イビデンは筆頭株主となっている。 ...
  • 西大垣車庫など、一部の駅施設の隣にイビデンの施設があるが、これは元々前述の揖斐川電気と同じ会社だった頃の名残である。 ...
  • これは、当時のイビデンが技術開発を重要視していたこと、新製品の積極的開発が計画されていたため、技術系出身者の社長が望まれていたからという。 ...
  • 現在もイビデン河間事業場と隣接する所には名残がある。 ...
  • しかし、パソコン需要の落ち込みなどで単独での事業継続が困難となり、イビデンの生産体制の再編を目的に2013年1月をもって解散した。 ...
  • イビデンの社長は建材事業、電子部品事業出身者が多く、セラミックス事業出身者は珍しいといえる。 ...
  • 在任中はプリント配線板、セラミックスといった事業を育て、今日のイビデンの主力事業の礎を築いた。 ...
  • またかつての東邦電力グループのうち存続する会社に東邦ガスや西部ガス、イビデンがあり、その他グループ企業の系譜を引く会社としては西日本鉄道がある。 ...
  • 線路や積み込み設備は長らく残っていたが、2000年頃、イビデン大垣事業場の再開発により完全に撤去された。 ...
  • 立川勇次郎が設立したイビデンの次の社長である櫻内幸雄は日本の政治家であり、内閣総理大臣福田赳夫などと血が繋がっている。 ...
  • かつては隣接するイビデン大垣事業場から貨物引き込み線があり、昭和40年代まで使用された。 ...