イギリス女王エリザベス

34 の用例 (0.00 秒)
  • 近年は、イギリス女王エリザベス2世やアメリカ大統領の前でも踊った。
  • 多くの者が想像するようにイギリス女王エリザベス1世に因むものではない。
  • イギリス女王エリザベス2世の王配エディンバラ公フィリップの父である。
  • イギリス女王エリザベス2世が1度購入したことがある。
  • また1995年に、イギリス女王エリザベス2世からナイトが授与される。
  • アメリカや北欧での活躍が長く、またイギリス女王エリザベス2世からナイトに叙任されている。
  • ソフィアはイギリス女王エリザベス2世の夫エディンバラ公フィリップの姉である。
  • オリアナという名は、イギリス女王エリザベス1世の雅名である。
  • 弟のフィリッポスは、イギリス女王エリザベス2世と結婚してエディンバラ公を名乗っている。
  • イギリス女王エリザベス2世は1976年7月7日にホワイトハウスでこのエピソードに触れ、次のように語った。
  • イギリス女王エリザベス2世の孫で、父のチャールズに次ぎ王位継承順位第2位の地位にある。
  • 現在のベリーズ国王はイギリス女王エリザベス2世で、その代理人として実権のない総督がいる。
  • 弟のフィリッポスは、イギリス女王エリザベス2世と結婚し、エディンバラ公の呼び名で知られる。
  • イギリス女王エリザベス2世は、ウィンザー宮殿に彼の作品の素晴らしいコレクションを所有している。
  • なお、フィジーは1987年に英連邦王国から脱退しているにも関わらず、硬貨・紙幣にはイギリス女王エリザベス2世の肖像画が描かれている。
  • 大会4日目の6月24日には、1977年ウィンブルドン選手権以来33年ぶりにイギリス女王エリザベス2世の大会観戦が行われた。
  • ちなみに「信仰の擁護者」の称号は、国教会の成立後もヘンリー8世とその後継者に代々用いられ、現在のイギリス女王エリザベス2世の称号の一つにもなっている。
  • なお、未曾有のトラブルの中、無事に機体を着陸させたクルー達はイギリス女王エリザベス2世からの顕彰をはじめ、様々な表彰を受けた。
  • 本社社屋2階が手袋博物館になっており、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネが使用していた手袋や、1953年イギリス女王エリザベス2世が戴冠式で使用した手袋が展示されている。
  • イギリス女王エリザベス2世は友情と感謝の印として、モレーヌ島民にイギリス旗を贈った。
  • 次へ »