イギリス女王

147 の用例 (0.00 秒)
  • 近年は、イギリス女王エリザベス2世やアメリカ大統領の前でも踊った。
  • 多くはイギリス女王ヴィクトリアにちなんで命名されたものである。
  • 多くの者が想像するようにイギリス女王エリザベス1世に因むものではない。
  • 母がイギリス女王となったのはその2年後のことである。
  • 次男アルブレヒトは1840年にイギリス女王ヴィクトリアと結婚していた。
  • イギリス女王に手紙を書く場合、最初に「陛下」で始めた後は「」を使う。
  • 彼女の姉妹は、イギリス女王であったのである。
  • 彼女がイギリス女王の姪というよりも、ドイツ諸侯の子女であることが重要視された。
  • 女王や野党との協議の末に、インドをイギリス東インド会社統治からイギリス女王の直接統治へ移行した。
  • イギリス女王ヴィクトリアおよびその王配アルバートの双方の従兄である。
  • 弟にイギリス女王ヴィクトリアの王配となったアルベルトがいる。
  • 中でもイギリス女王メアリーにささげられたものが知られている。 北村薫『覆面作家の夢の家』より引用
  • またイギリス女王ヴィクトリアとその王配アルバートとは従姉弟の関係にあたる。
  • イギリス女王エリザベス2世の王配エディンバラ公フィリップの父である。
  • イギリス統治時代に建造された公園で、その名は同地に建てられたイギリス女王ヴィクトリアの銅像に由来している。
  • 王位は長女のエリザベスがイギリス女王およびイギリス連邦君主として継承した。
  • カナダでは、本大会の閉幕後2回オリンピックが開催されているが、イギリス女王が開会宣言を行ったのはこの時のみ。
  • イギリス王室属領であり、イギリス女王をその君主としているが、連合王国には含まれない。
  • イギリス女王ヴィクトリアの名前に由来する。
  • イギリス女王エリザベス2世が1度購入したことがある。
  • 次へ »