イギリス外務省

38 の用例 (0.00 秒)
  • 第二次大戦中は、イギリス情報省およびイギリス外務省に勤務した。
  • イギリス外務省の内部文書には、「長年来の英国の友人」と記されている。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • 例えば、イギリス外務省のSISも、事実上は外務省とは別組織である。
  • イギリス外務省のマーク・サイクス卿がデザインを考案したという説もある。
  • リージェント・ストリートの担当者はイギリス外務省による圧力がかけられたことを認めている。
  • ただし、この政策に関してイギリス外務省はポーランドとは状況が違うと声明を発表している。
  • イギリス外務省はアメリカの対日基本政策に対して消極的で、日本人指導者の国際裁判にも賛同していなかった。
  • その後イギリス外務省に移り、ヴェルサイユ条約の会議においてイギリス代表団の一人として参加している。
  • イギリス外務省はイギリス国境委員のジェイムズ・プレボスト船長に、アメリカの委員に状況を伝え、ポイントロバーツをイギリス領に入れるよう要請するよう指示した。
  • UNWCCは実際の裁判運営についてはイギリス外務省に一任するとしていたが、イギリス政府はUNWCCの勧告の多くに拒否反応を示した。
  • あなたは冶金の道具を持って山に登り、イギリス外務省は全力をあげて採掘権の申請を援助するだろう。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • 前ディズレーリ保守党政権時代にイギリス政府は、ドイツ人が多数植民しているフィジー諸島を併合してドイツ人の土地を強制収容していたが、1882年7月にその件でドイツ政府よりドイツ人の既得権を守ることを求める要望書がイギリス外務省に送られてきた。
  • 第二次世界大戦中、イギリス外務省で働き、ダンバートン・オークス会議およびサンフランシスコ会議の英国代表団に加わった。
  • また、同様の警告は、イギリス外務省よりも発せられている。
  • 戦争終結直前に国際旅団は、イギリス外務省の「外国兵力を双方とも同程度撤退させる」との提案に従い解散した。
  • 青木は、イギリス外務省との交渉で、自身が外相として交渉に当たっていた際にイギリスとのあいだで合意の得られなかった3点について、 との妥協点を示した。
  • 北京オリンピックに向けてトレーニングに専念するため2006年1月からイギリス外務省を休職し日本を拠点に活動した。
  • パシフィコはイギリス外務省に助けを求めた。
  • プロテスタント系であったが、弱者に味方する気持ちが強く、イギリス外務省で出世して爵位まで得たものの職を辞してアイルランド独立運動に加わった。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • バルフォアの予想通り、この条約が発表されるやすぐにもロシア、ドイツ、フランス、アメリカ、イタリアの5大国がイギリス外務省に正式な抗議を送ってきた。
  • 次へ »