イギリス原産

35 の用例 (0.01 秒)
  • 野生生物公園はイギリス原産の動植物を生きたまま収容した展示である。
  • イングリッシュ・マスティフとは、イギリス原産の警備用犬種である。
  • なお、イギリス原産のモーキーはこれとは別の犬種である。
  • スタッフォードシャー・ブル・テリアはイギリス原産の犬種である。
  • ブラック・ポインターは、イギリス原産のポインター犬種のひとつである。
  • ツリーイング・ドッグはもともとはイギリス原産のセントハウンドであった。
  • フェル・ハウンドは、イギリス原産のセントハウンド犬種のひとつである。
  • イングリッシュ・ラット・テリアとは、イギリス原産のテリア犬種である。
  • イングリッシュ・ブードルは、イギリス原産の愛玩用の交雑犬である。
  • 今は絶滅してしまったイギリス原産の犬種、ターンスピットのように肉を火であぶるための機械を動かすためにも使われていたのである。
  • ターンスピットとは、イギリス原産の家庭内使役用犬種である。
  • カーリーコーテッド・レトリーバーは、全身の巻き毛が特徴的な、イギリス原産の犬種である。
  • ロングドッグとは、イギリス原産の狩猟用のミックス犬種である。
  • カナダ原産説の理由は作出が全てカナダで行われたためで、イギリス原産説の理由は子孫であるラブラドールがイギリスで作られた犬種であるため、先祖もイギリス原産とするべきであるという要望があったためで、フランス原産説の理由は原産地がかつてフランス領であったためであるとそれぞれ主張されていた。
  • 他のテリア種はイギリス原産であるのに対し、ミニチュア・シュナウザーはドイツを原産国とする。
  • コニー・ドッグは、イギリス原産の特定のサイトハウンド系の交雑犬種のひとつである。
  • 現在の黒豚は、明治時代にバークシャー種と呼ばれるイギリス原産の豚が導入され、薩摩で昔から飼われていた土着の豚との改良を重ねたものである。
  • パーソン・ラッセル・テリアは、イギリス原産のテリア犬種である。
  • いつ作出されたのかはよく分かっていないが、イギリス原産のラーチャーやロングドッグ、クというイギリス及びアイルランド原産の犬種の血を引いていると考えられている。
  • フォックス・テリアタイプ犬種は、ボディタイプやもともとの使役方法がイギリス原産のスムース・フォックス・テリアに類似する犬種のことを指す犬種群の呼称である。
  • 次へ »

イギリス原産 の使われ方