イギリスのヴィクトリア女王

53 の用例 (0.00 秒)
  • 二十世紀が始まった一九〇一年に、イギリスのヴィクトリア女王が死ぬ。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • 州名は1858年に、イギリスのヴィクトリア女王によって命名された。
  • 最終的にインド女帝となったイギリスのヴィクトリア女王のものとなり、現在はロンドン塔で展示されている。
  • 因みに、父のヴィルヘルム2世はイギリスのヴィクトリア女王の孫である。
  • 弟の名で出された彼女の作品は、そうとは知らないイギリスのヴィクトリア女王のお気に入りとなるほど、当時としては相当に知られたものもあったといわれている。 中村紘子『ピアニストという蛮族がいる』より引用
  • イギリスのヴィクトリア女王は彼の出現に熱狂した。
  • 母がイギリスのヴィクトリア女王の娘アリスであったから、彼女はヴィクトリア女王の孫にあたる。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • 母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘の1人であった。
  • 名前はイギリスのヴィクトリア女王の夫アルバート公にちなむ。
  • そして、1877年にはイギリスのヴィクトリア女王を皇帝とするインド帝国の成立を宣言し、形式的にも本国政府がインドを統治することとなった。
  • イギリスのヴィクトリア女王の娘ヘレナと結婚し、イギリス王室の一員となった。
  • 母アレクサンドラはイギリスのヴィクトリア女王の孫娘である。
  • 彼はイギリスのヴィクトリア女王をはじめとした欧州各国の君主たちにも愛され、しばしば招かれては個人的な集いに加わった。 中村紘子『ピアニストという蛮族がいる』より引用
  • イギリスのヴィクトリア女王の次男である夫のイギリス王族の資格により、エディンバラ公爵夫人の称号でも呼ばれた。
  • なお、ヴィルヘルム2世はイギリスのヴィクトリア女王の孫で、英語は第二の母国語であった。
  • 両親はともに皇帝アレクサンドル2世の孫で従兄妹同士であり、また母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘だった。
  • フェオドラはイギリスのヴィクトリア女王の姪であったが、先妻のように知性も芸術への関心もない彼女との結婚生活は、ゲオルクにとっては不幸であった。
  • ハプスブルク家を排除してドイツ帝国の皇帝となったホーエンツォレルン家のヴィルヘルム一世は、息子の嫁にイギリスのヴィクトリア女王の娘をもらった。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • この背景には息子アルバートを洗礼させ、イギリスのヴィクトリア女王を教母として立てることで列強諸国と対等の関係を築こうとした政治的思惑があったとされる。
  • なお、世界四大ピアノメーカーのひとつとしても知られているイギリスのヴィクトリア女王を始め、ドイツ国内はもちろんオーストリア、デンマーク、ギリシャなどの多くの皇室にも納品される。
  • 次へ »