イギリスのエリザベス女王

11 の用例 (0.00 秒)
  • 現代の例でいえば、イギリスのエリザベス女王のような形を。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • この年は、イギリスのエリザベス女王が来日した。 橋本治『二十世紀(下)』より引用
  • 特にイギリスのエリザベス女王に直接呼びかける際には、直接的表現を避け、儀礼上この語を使う。
  • サリカ法を廃棄すれば、自分にも、イギリスのエリザベス女王と同じように、王位継承権が生まれるからである。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • 日本の塩崎恭久官房長官や、イギリスのエリザベス女王など、アメリカには世界中から追悼の意が寄せられた。
  • だが、16世紀の明において、当時のイギリスのエリザベス女王が女性である事より、当時の儒教的価値観からこれを「王」とは認めず、「酋」と記録した。
  • 一五七一年の十月に、スペインとヴェネチアの連合する教皇艦隊がトルコの艦隊をレパントの海戦で破ってフィリペ二世が地中海の支配者となったときには、カトリーヌはイギリスのエリザベス女王と手をくんで英仏同盟を結ぶことさえ辞さなかったし、アランソン公をエリザベス女王の花婿候補にしたてようとさえした。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • この間、1977年にはイギリスのエリザベス女王からサーの称号を受け、それからは通称「サー・ランラン・ショウ」と呼ばれる様になった。
  • すなわち、スペインのフィリペ二世をその領主と仰ぐローマ教皇・ヴェネチア・スペインのキリスト教同盟と、イギリスのエリザベス女王によって代表されるプロテスタント勢力の間に挟まれて、フランス王国の独立は危うい均衡の上にのっていた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • 人形美術協会の人形は、海外の元首や王室にも数多く贈られているが、1975年5月、国賓として来日したイギリスのエリザベス女王には、衣装人形が贈られた。
  • サー・ウィントンは、イギリスのエリザベス女王が、2008年10月23日水曜日から中央ヨーロッパを4日間にわたり歴訪された期間の中で、スロベニア、スロバキアを公式訪問されるにあたり、随行した。