アーリンライト

5 の例文 (0.00 秒)
  • アーリンライトは、マウと組んだ陰謀の罪を着せてアヴァサララを殺そうとする。 ...
  • 国連事務総長次長アーリンライトと結託するジュリー・マウの父親のプロトジェン社が、プロト分子と適合性の高い子供たちを用いて生物型兵器を開発していたことが分かる。 ...
  • アーリンライトは逮捕され、エステバンは辞職し、アヴァサララが後継となって停戦を呼びかける。 ...
  • ロシナンテ号はイオに向かう途中、アヴァサララとドレーパーを救い、アーリンライトの陰謀の証拠を公表する。 ...
  • アーリンライトの策謀で国連と火星は全面戦争となる。 ...