アン女王戦争

37 の用例 (0.00 秒)
  • 後にチャーチは、アン女王戦争で再びアカディアに襲撃を加えた。
  • また、この戦争において北アメリカ大陸で行われた局地戦はアン女王戦争と呼ばれる。
  • イギリスとフランスが北アメリカの植民地で繰り広げた戦いはアン女王戦争と呼ばれているが、こちらは決着がつかなかった。
  • 航海者としての経歴はスペイン継承戦争の間北アメリカで戦われた、アン女王戦争の間に始まった。
  • ウィリアム王戦争やアン女王戦争などほとんど間断の無い戦争状態のために商人と農園主の間に経済と政治の面で亀裂を生じさせた。
  • アン女王戦争の結果、フランスはカナダ支配で譲歩し、次の戦争ではイギリスにカナダを落とされることになった。
  • アン女王戦争後のユトレヒト条約は、ニューイングランドの領土の拡張を促進していた。
  • ヨーロッパで戦争が繰り広げられている間、アメリカ大陸ではイギリスとフランスの間で植民地を巡るアン女王戦争が開始された。
  • アン女王戦争中の、メインにおける最後のアベナキ族による攻撃は、またしてもウェルズで起こった。
  • ルパート・ランドとして知られるハドソン湾領域では、アン女王戦争の間においてほとんど戦闘が発生しなかった。
  • アン女王戦争は、欧州のスペイン継承戦争に対応して北米大陸において起こった、フランス王国とイングランド王国との間の戦争であり、一連の北米植民地戦争においては2度目の戦争である。
  • ハドソン湾会社はレイスウェイク条約によってその領域が返還されなかったことに不満を抱いており、アン女王戦争後の戦後交渉によってその領域の返還を求めるロビー活動を成功させた。
  • ヘイヴァーヒル襲撃は、アン女王戦争中に、フランスがマサチューセッツに仕掛けたものの中では最後の大規模なものだった。
  • この動きは北のケベックに植民するフランスとの対立を引き起こし、18世紀初頭のアン女王戦争では両国が衝突した。
  • この戦いは、アン女王戦争期間中に、イギリスが3度アカディアの首都を奪おうと試みて、やっと達成されたものであり、その後の50年間に重大な意味を持たせることになった。
  • ヘイヴァーヒル奇襲は、アン女王戦争中の1708年8月29日に起こった戦闘である。
  • アン女王戦争勃発前の一時期、ニューファンドランドはフランスとイギリスが争奪を繰り返していた。
  • アン女王戦争後にユトレヒト条約がヨーロッパで署名されたが、この条約では、ワバナキ連邦について触れられておらず、これがことをややこしくした。
  • これら植民地での戦争として、スペイン継承戦争に呼応したアン女王戦争、オーストリア継承戦争に呼応したジョージ王戦争、七年戦争に呼応したフレンチ・インディアン戦争などがある。
  • アン女王戦争後のユトレヒト条約では、ノバスコシア半島のイギリスへの割譲が含まれており、これにより、ニューイングランドの領土は大幅に拡張された。
  • 次へ »