アングルトン

32 の例文 (0.00 秒)
  • アングルトンの奇妙な生涯については大量の研究書や伝記で触れられている。 ...
  • コルビーはアングルトンからイスラエルとの連絡役を任務を取り上げた。
  • フィクション作品でアングルトンをモデルとする物も多い。 ...
  • アングルトンの名前はCIAの秘密作戦を調査するチャーチ委員会が議会で設置された後に一般に知られるようになった。 ...
  • アングルトンの辞職は1975年のクリスマス・イブに発表された。 ...
  • 郡庁所在地はアングルトン市であり、同郡で人口最大の都市はペアランド市である。 ...
  • アングルトンの部下三人 も自発的な退職を強制された。 ...
  • アメリカ研究科を設立したノーマン・ホームズ・ピアソンもアングルトンの師だった。 ...
  • アングルトンは1960年代から70年代にかけて、様々な外国の首脳がソ連のスパイであるとの主張を繰り返した。 ...
  • 他国情報機関との連絡役も引き続いてアングルトンに任された。 ...
  • アングルトンは幼少期をイタリアのミラノで過ごした。 ...
  • アングルトンはT・S・エリオットやウィリアム・エンプソンとも文通していた。 ...
  • アングルトンの活動を皮肉交じりに批判したヘンリー・キッシンジャーも、1970年代前半にアメリカと中国との関係正常化を進めたのはソ連の影響下にあったからだと告発された。 ...
  • ローマ駐在の経験からイタリアでの情報網もアングルトンの強みであり、さらに東南アジアやカリブ海諸国の秘密警察の設立に関与していた。 ...
  • アングルトンは1944年2月にX-2のイタリア担当官になる。 ...
  • アングルトンは、親交があったフィルビーらイギリス情報機関の幹部が、ソ連の協力者であったことにショックを受け、西側諸国の情報機関にはソ連の協力者が存在すると仮定し対策を取るべきだとの持論に取り憑かれるようになった。 ...
  • アングルトンは辞職後にコルビーやハーシュを批判し、コルビーについてはKGBのスパイだと糾弾しハーシュには彼の本の出版によって妻が家を出て離婚したと主張した。 ...
  • 次へ