アルミ合金

305 の用例 (0.01 秒)
  • 現在使用されているアルミ合金は、大きく6000系と7000系に分けられる。
  • アルミ合金製の車体であるため耐弾性能は低いとされる。
  • そのうちの二個が真鍮製で、あとの一個がアルミ合金だ。 安部公房『飛ぶ男』より引用
  • 国鉄の通勤形電車でアルミ合金車体を採用したのは1969年まで投入が続けられた301系以来である。
  • ちなみに現在のJIS規格では、7000番台のアルミ合金に相当する。
  • この追加された防盾部分は、全軍で不足気味な貴重なアルミ合金を使うわけにもいかず鉄製だった。
  • ただし、本系列では車両メーカーである川崎車輛の提案により国鉄初のアルミ合金製車体が採用された。
  • 翼型を保持するために上下に一本ずつ見えるのはバテンと呼ばれるもので、アルミ合金製の細いパイプです。
  • 製品のデザインもスピーカー部やボタン類にアルミ合金を多用するなど低価格品とは思えないほど高級感をもたせている。
  • レシーバーは軽量化のためにアルミ合金削りだしで作られている。
  • アルミ合金は鋳鉄よりも軽い代わりに鋳鉄よりも遙かに大きな熱膨張性を持っているためである。
  • デザインは表面は第2世代と同様にアルミ合金製だが、裏面が第1世代の時の様な鏡面に戻っている。
  • 「私が耳を選んだのではなく、耳が私を選んだ」と述べ、アルミ合金やプラスチックなどで左耳ばかりを作り続けた。
  • 側扉は4分割の引戸で、扉枠 および 扉板にはアルミ合金を用いて軽量化を図っている。
  • フレームにはアルミ合金が使われており、軽量化が図られている。
  • 十年以上も使い込んで、表面の黒い色がうっすらと剥げて、地のアルミ合金の色が出てきている。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • 材質はアルミ合金の場合、強度が低い順から高い順に上から下に並べると5種類がある。
  • アルミ合金製はしご、脚立、作業台の製造販売を主体としている。
  • 軽合金が多様されたのも初期の特徴だが、当時のアルミ合金は耐海水性が悪く腐食が激しく使用を中止された。
  • アルミ合金製の金型や電鋳、強化樹脂やコンクリートを使用した「金型」がある。
  • 次へ »