アルミ合金車体

6 の用例 (0.00 秒)
  • 国鉄の通勤形電車でアルミ合金車体を採用したのは1969年まで投入が続けられた301系以来である。
  • 近鉄で初めて量産されたアルミ合金車体・VVVFインバータ制御装置搭載車両で、1986年1月に登場した。
  • 摩擦撹拌方式により製造されたダブルスキン構造のアルミ合金車体で、片側3箇所に両開き扉が設置されている。
  • 帝都高速度交通営団で、それまでの制御方式である抵抗制御に代わって、電機子チョッパ制御並びにアルミ合金車体を採用した6000系電車が1968年に開発された。
  • ただし前述のアルミ合金車体の採用による軽量化は、付随車で渦電流ブレーキ装置の質量がモーターより重く、さらに機器の中で最も質量のある主変圧器を搭載していたことも相まって、モーター装備の電動車よりも付随車の方が重くなる結果になった。
  • A-trainシステムの特徴の一つである、摩擦撹拌方式により製造されたダブルスキン構造のアルミ合金車体となっており、従来の813系よりさらに軽量化が図られた。