アルミ合金製車体

16 の例文 (0.00 秒)
  • ただし、本系列では車両メーカーである川崎車輛の提案により国鉄初のアルミ合金製車体が採用された。 ...
  • 神鉄で初めて採用されたアルミ合金製車体であり、全長は1000系列と同じ18m級とした。
  • 山陽電鉄ではこれに対応できる本格的な乗入れ対応車両として3000系を設計し、1964年より製造を開始したが、3000系は当初アルミ合金製車体を採用していたため製作コストが非常に高価であり、神戸高速鉄道開業までにこの系列だけで所要車両数を揃えるのは困難であった。 ...
  • その後日本車輌は1966年に秩父鉄道300系電車の増備車として中間車であるサハ350形の内の1両をアルミ車体で製造しているが、その構造は前作から変わって同時期に製造された国鉄301系電車と同様で、その後しばらく日本の鉄道車両におけるアルミ合金製車体の標準となるものであった。 ...
  • これはアルミ合金製車体は耐食性が高いが、その反面鉄粉などの異種金属の付着による酸化には弱く、対応策として頻繁かつ徹底した洗車作業の実施が求められたために、1回の洗車で確実に外板の汚れを除去するための重要な変更点であった。 ...
  • また、本形式についてはアルミ合金製車体の編成群を「アルミ車両」、ステンレス製車体の編成群を「ステンレス車両」と呼ぶ。 ...
  • 前述のとおり車体は営団9000系を基本としており、9000系と同様の大形押出形材を使用したアルミ合金製車体であるが、側構体の一部の溶接には摩擦攪拌接合を用いることで外観の見栄え向上を図っている。 ...
  • 本系列は当時の国鉄通勤形としては最先端な車両であったが、試作的要素が多く製造コストが非常に高かったこと、アルミ合金製車体の問題から他の車輌メーカーが参入できないことにより1969年で製造は打ち切られ、それ以降の増備については103系1200番台へ移行した。 ...
  • このため、京都市営地下鉄烏丸線竹田延伸開業に伴う相互乗り入れの開始に際しては、京都市交車と取り扱いを極力共通化すべく配慮して設計された、アルミ合金製車体を備えたVVVF制御車である3200系が新造投入された。
  • 自走発射機は、M2ブラッドレー歩兵戦闘車のアルミ合金製車体をベースに開発され、車体前部には装甲が施され3名の乗員が乗車するキャビンがある。 ...
  • 派生系列として、東京メトロ千代田線直通用の地下鉄乗り入れ仕様でアルミ合金製車体を備える203系がある。 ...
  • thumb|right|200px|冷房装置10系と同様に側窓として2段上昇窓を備える切妻構造のアルミ合金製車体である。 ...
  • その外観形状から、先行する10系のそれを踏襲したアルミ合金製車体を備える20系と、軽量ステンレス製車体を備える新20系の2グループに大別される。 ...
  • モハ883の1000番台・サハ883の1000番台の両車両は、885系中間車と同様のA-trainシステムによるアルミ合金製車体となった。 ...
  • thumb|240px|right|通勤特急運用に就く8200系の車体側面 8000系に準じた構造・寸法の押し出し型材の溶接組み立てによるアルミ合金製車体を備える。 ...