アルミ合金

305 の用例 (0.00 秒)
  • この操作を容易に行うために屋根板は軽量なアルミ合金製であった。
  • 装甲はきわめて薄いアルミ合金製で、敵戦車の反撃には耐えられない。
  • バイクやスポーツカーなどではアルミ合金製の物が用いられることもある。
  • 床部分にはアルミ合金パネルを採用して工程の簡略化も行われている。
  • 機体はアルミ合金製の骨組みでできており、むき出しの座席となっている。
  • HC型エンジンと同じくシリンダーブロックにアルミ合金を使用している。
  • これは、アメリカ陸軍の制式戦車としては初めてのアルミ合金採用車となった。
  • シリンダーブロックの材質をアルミ合金にする事により軽量化を図った。
  • 車体はアルミ合金の溶接構造だが、車体前部は中空装甲になっている。
  • 車体は7000系のステンレス鋼製から本系列ではアルミ合金製へと変更された。
  • 側面ドアはハニカム構造のアルミ合金鋳物を芯にしたプラグ式ドアである。
  • 車体構造にはアルミ合金を採用した軽量なもので、製造は日本車輛製造が行っている。
  • 設計面では3号型の拡大型であり、大きな変更はないが、当時世界最大のアルミ合金艇であった。
  • 地上設備や車両との接触、また地方空港での整備性を考慮し、胴体はアルミ合金製が採用された。
  • 重量数十トンに及ぶアルミ合金製の車両が、怒濤の勢いで真九郎の目の前を通過していく。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • 車両はすべてアルミ合金製の3両固定編成で、銀色地に赤帯を巻く。
  • 車体では、フレームをダイカストアルミ合金製へ変更したのが大きな特徴となる。
  • 車体は千代田線用の6000系以降の車両と同じくアルミ合金製の無塗装車体である。
  • このアルミ合金製ごうきんせいの手錠は、宗介が持っていたものだった。 賀東招二『フルメタル・パニック!01 戦うボーイ・ミーツ・ガール』より引用
  • 車体は川崎重工業製のアルミ合金製で、全体的に丸みを帯びたデザインとなっている。
  • 次へ »