アルミニウム合金

338 の用例 (0.01 秒)
  • 艇体は木製の船体をアルミニウム合金製の板で覆う形で製造されている。
  • 当初は、アルミニウム合金製車体を持つ新製車とする計画であった。
  • 車体はアルミニウム合金製で、片側3箇所に両開き扉が設置されている。
  • Z・N編成と同じアルミニウム合金製ダブルスキン構造を採用している。
  • 最初のAはアルミニウム合金を示し、続く4桁の数字は合金分類を示す。
  • ボディーは当時の大勢に沿ってアルミニウム合金板を手で叩いて空力的にしたもの。
  • 機体には主にアルミニウム合金と空気吸入口などには炭素繊維が使用されていた。
  • 銃身は軽量化のためスカンジウム-アルミニウム合金で製造されている。
  • 主にアルミニウム合金を主材料としたPCケースやPC関連機器等を少数製造し販売を行っていた。
  • 金属材料としては、軽量で強度に優れるアルミニウム合金が多用された。
  • 裏を返せばアルミニウム合金にとってこのフレーム構造が一番都合のよい形なのである。
  • 車体は、6000系とは異なりアルミニウム合金製となっている。
  • また、鋼鉄製の装甲では重量過多となり、アルミニウム合金に変更された。
  • 車体は、アルミニウム合金を主体としたセミモノコック構造である。
  • 国鉄が初めて設計・製造した地下鉄対応の通勤形電車であるとともに、国鉄電車としては初めてアルミニウム合金車体を本格採用した車両でもある。
  • 動力分散方式の交流電車で車体にはアルミニウム合金の中空型材を採用する。
  • これは、通常航空機で使用されているアルミニウム合金では上記の温度で強度が低下してしまうからである。
  • 機体にはマグネシウム合金を大量に使用し、翼はより一般的なアルミニウム合金であった。
  • ボディは鋼板製であり、エンジンフードにはアルミニウム合金が採用された。
  • 特に上部構造物は大型化しており、トップヘビーを避けるためにアルミニウム合金が多用されている。
  • 次へ »

アルミニウム合金 の使われ方