アルヒープ

7 の例文 (0.00 秒)
  • アルヒープは日向ひなたに残ったまま、一時間の間すこしも動かなかった。 ...
  • 私の隣人がおともにつれていったのは、一人は名前をアルヒープという村の小頭こがしらで、四角な顔をし、古代人のように頬骨の発達した、小肥りのずんぐりした百姓である。 ...
  • その代り小頭のアルヒープは平然と落ち着きはらって、少しも悲しみの色を見せなかった。 ...
  • その後、キエフ科学技術大学で学び直すことにしたアルヒープは、著名な数学者であったムィハーイロ・クラウチュークの下で学び、1931年に卒業した。 ...
  • アルヒープはぶるっと身ぶるいして、両の手綱を一度にぐいと引きしぼり、足をばたばた動かすと、ぼんやりしていた馬も、とうとう、仕方なしに歩き出した。 ...
  • やあ、アルヒープ!