アルバート公子

12 の用例 (0.00 秒)
  • この頃には夫アルバート公子の影響で女王からも高く評価されるようになっており、問題なくを成立させることができた。
  • ヴィクトリア女王とアルバート公子の夫妻からはひどく嫌われていた。
  • 勲章のデザインはインド担当大臣ウッドの依頼を受けてアルバート公子が行い、彼は1859年5月末にもそのデザイン画をインド担当省へ送った。
  • 退任後も女王と親密だったが、女王の相談役は夫アルバート公子に転じつつあったため、宮中での影響力も低下していった。
  • ピールは寝室女官事件の頃には女王からひどく嫌われていたが、1840年に女王と結婚したアルバート公子はピールを高く評価しており、その影響で女王もこの頃にはピールへの信任を強めていた。
  • この後もメルバーン子爵とヴィクトリア女王の親密な関係は続いたが、この頃には女王の相談役は1840年に女王と結婚したアルバート公子になっていたため、メルバーン子爵の宮廷内の影響力は徐々に小さくなっていった。
  • さらに他の勲章との明確な区別を求める王配アルバート公子の意見を入れて、バス勲章以下、聖マイケル・聖ジョージ勲章以上という序列に決まり、またインド関連の勤務の後に他の部署で勤務した場合、バス勲章が授与されうるという住み分けになった。
  • 自由貿易は保守党の支持基盤である地主層の反発が根強かったが、アルバート公子は自由貿易主義者であったので、全面的にピールをバックアップしてくれた。
  • 勲章名については試行錯誤があり、なかなか決まらなかったが、最終的にはインド担当大臣ウッドがアルバート公子や大法官、インド担当省高官やインド総督府などの意見を調整して「インドの星勲章」案でまとめた。
  • 薨去直前のアルバート公子は、最後の力を振り絞ってこの外交文書を柔和な文体に変更し、その変更をパーマストン子爵やラッセル伯爵に受け入れさせた。
  • またアルバート公子は勲章に刻むモットーとして、イギリスがインドを支配することを示しつつ、支配欲丸出しでない言葉としてラテン語で「天国の光が我らを導く」を提案した。
  • ところがアルバート公子の薨去後、南北戦争が長期化の様相を呈する中で、再びイギリス政界に南北戦争介入の機運が高まり始めた。