アルトゥク朝

全て 名詞
33 の例文 (0.00 秒)
  • この時点で諸勢力の中でもアルトゥク朝の軍事力は傑出したものとなった。 ...
  • 町には13世紀のアルトゥク朝時代に建設された大金曜日モスクがある。 ...
  • これ以降アルトゥク朝はスルタンによる対十字軍戦への参加に慎重になってゆく。 ...
  • アルトゥク朝がアレッポをこうして手にすることになった。 ...
  • アルトゥク朝とアレッポの関係はこのときに始まった。 ...
  • アルトゥク朝は1394年ティムール朝により滅亡するが、彼らはこの地域を統治することはなかった。 ...
  • アルトゥク朝はディヤール・バクルを11世紀から15世紀にかけて支配した王朝。 ...
  • アルトゥク朝はマリク・シャーのもとで働いた始祖アルトゥクが南クルディスターンに領地を得て以降、この地域を本拠地として前サファヴィー朝・オスマン朝期に至る長い期間、独立あるいは半独立王朝を築いている。 ...
  • ザンギーのあとを継いだヌールッディーンは対十字軍戦を第一としたため、アルトゥク朝への圧力を弱めて再び友好関係に入り、ザンギーの遠征時に獲得したジャズィーラ北部の領地をアルトゥク朝へ与えた。 ...
  • アルトゥク朝は当初アイユーブ朝に対しザンギー朝とともに対抗する道を選ぶが、その後ムハンマドはアイユーブ朝との同盟に転じ、のちにアイユーブ朝とともに妻の父ルーム・セルジューク朝のクルチ・アルスラーン2世を攻撃した。 ...
  • ザンギー朝やアルトゥク朝のようなアタベクは、名目上に限って言えばセルジュークスルタンの支配を受け、一般的には独立してシリアを支配した。 ...
  • アナトリアへの入口ディヤール・バクルにおけるアルトゥク朝の存在は、トゥルクマーンの断続的なアナトリアへの流入に大きな影響を与えている。 ...
  • これによってアルトゥクは南部クルディスターンの要地ハルワーンをイクターとして与えられ、アルトゥク朝の基盤が形成された。 ...
  • アシュラフらアイユーブ朝の王侯が同盟の要請を拒絶したため、一度は物資と資金が蓄えられているイスファハーンに戻ることを企てたが、アルトゥク朝の招きに応じてアーミドに向かった。 ...
  • ただしアルトゥク朝のシリアへの関与は12世紀はじめの約20年間であり、大部分の時代、アルトゥク朝はディヤール・バクルの群小地方政権であった。 ...
  • しかし一方でアルトゥク朝はヌールッディーンの聖戦に巻き込まれ、全体として良好な関係にあった十字軍やビザンツやグルジアなど在地キリスト教勢力との交戦を余儀なくされた。 ...
  • 彼は翌1128年、シリア・セルジューク朝とアルトゥク朝の領主が相次いで倒れ混乱していたアレッポに入り、アルトゥク朝アタベクのバラクの妻だった女性と結婚し、自らアタベクとなった。 ...
  • 次へ