アリナーゼ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 一方、ニンニクの別の細胞にはアリナーゼという酵素が含まれる。 ...
  • アリナーゼは植物が草食動物から身を守る効果を持つ。 ...
  • アリナーゼは、ニンニクやタマネギなどのネギ属植物に含まれる酵素群である。 ...
  • アリナーゼはそれらの切り口から香る揮発性化合物の合成を触媒する。 ...
  • ニンニクを切るとこれら細胞が壊れ、アリナーゼとアリインは細胞外に出てお互いに接触する。 ...
  • アリナーゼの作用によりアリインはアリシンに変化する。 ...
  • アリナーゼは通常、植物の細胞の中に存在するが、草食動物によるダメージを受けると、刺激性の高い生成物の合成を行う。 ...
  • タマネギをスライスして細胞を破壊すると、アリナーゼと呼ばれる酵素によってスルホキシドアミノ酸が分解され、スルフェン酸が生成する。 ...
  • ニンニクを破砕すると、酵素アリナーゼの働きでアリインからアリシンが生成する。 ...
  • ニンニクの場合、アリインと酵素アリナーゼは通常隔離されているが、液胞が破壊されると酵素反応によってアリシンが形成される。 ...
  • ニンニクの細胞が破壊されることによってニンニクに含まれる無臭のアリインと酵素アリナーゼとが会合し、ニンニク独特の臭気成分のアリシンに変化する。 ...
  • アリシンは自生している状態のニンニクには存在しないが、ニンニクを刻んだり傷つけたりしてニンニクの組織を破壊すると、酵素アリナーゼの作用により、化合物アリインから変換される化合物である。 ...
  • ニンニク内のアリインから、アリナーゼにより生成するアリシンが、ニンニク療法の有効成分と考えられている。 ...
  • ニンニクでは、アリナーゼはアリインをアリシンに触媒する。 ...
  • ところがにんにくを切ったり、つぶしたり、りおろしたりして、細胞がこわれて内容物が空気に触れると、共存する酵素アリナーゼによって加水分解され、にんにく特有の刺激性の強臭ある油状物質アリシンや、ディアリルディサルファイドなどの硫化アリルができます。 ...