アマチュア天文

236 の用例 (0.01 秒)
  • しかし、特徴のある銀河などによりアマチュア天文家にはよく知られる。
  • 映像はUNSDFではなく、アマチュア天文家がもたらしたものだった。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • 世界中の天文学者や何万人というアマチュア天文家がすぐに気づくはずだ。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 各地のアマチュア天文家ともコンタクトを取り天文学の普及に尽力した。
  • アマチュア天文家はこの発表のはるか以前からこのような結末を予測していた。
  • 日本全国のアマチュア天文家と交流し青少年の宇宙への夢を育んだ。
  • 日本のアマチュア天文家によって発見された最初の小惑星である。
  • フランス人の医師でアマチュア天文家のポール・ベズに因んで名付けられた。
  • 埼玉県のアマチュア天文家、佐藤直人が1997年に秩父市で発見した。
  • 山本は研究者とアマチュア天文家との架け橋の役割を果たした。
  • アメリカ合衆国のアマチュア天文家レスリー・ペルチャーから命名された。
  • その数は2341個に上り、日本のアマチュア天文家としては最大の発見数である。
  • イギリスのアマチュア天文家、ジョージ・オルコックから命名された。
  • そして、今日まで数々のアマチュア天文家の憧れとなってきた人物として知られている。
  • 太田宇宙の会の会員でアマチュア天文家の霜田博史に因んで名付けられた。
  • 山形県南陽市のアマチュア天文家である大国富丸により発見された。
  • アマチュア天文家の集会、テキサス・スターパーティーから命名された。
  • 天文学者とアマチュア天文家の研究紹介の記事を毎号載せている。
  • 佐藤 直人は、日本のアマチュア天文家、プラネタリウム解説者である。
  • アマチュア天文家として観測を行い、1931年にはかに星雲を発見した。
  • 次へ »